スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
小橋興行・・4団体のエース級がバッシバシ!
元プロレスラーの小橋建太氏プロデュース興行の第4回大会が1300人の観衆を集めて行われ、メインイベントで関本大介(大日本)、諏訪魔(全日本)組が佐藤耕平(ZERO1)、鷹木信悟(ドラゴンゲート)組を下した。
4団体のエース級が激突する小橋氏プロデュースならではの豪華カードが実現。それぞれのファンが大声援を送る中、4人は意地と意地をぶつけ合うようにチョップ、エルボーを打ち合うだけでなく、場外の看板に額をぶつけ合うなどド迫力の肉弾戦を展開する。
一進一退の攻防は最後、関本と佐藤の一騎打ちとなり、関本がダイビングボディープレス、ラリアットなどの大技をカウント2・9で返し続ける粘りを見せた佐藤を、後頭部へのラリアットからの原爆固めでねじ伏せた。
試合後のセレモニーでは全出場選手と小橋氏がリングに上り、記念撮影。大“小橋コール”が飛ぶ中で、小橋氏は第5回大会の開催を予告した。
勝者組はインタビューで、諏訪魔が「小橋さんの作った空間はすごくやりやすかった」と充実感をにじませると、関本も「小橋さんの興行に出れて、メインを務めさせていただいて、身に余る光栄です。最後の小橋コールがすべての答えじゃないですか」と、小橋興行の最後を締めて感激。さらに、諏訪魔は「小橋さんがいたからこそ当たれた相手。佐藤さんとは久々の再会で面白いと思ったし、鷹木信悟は同じ年にデビューした相手。こういう風にぶつかれるってのは、もっとやりたいなと正直思った。せっかく当たったんだから、つながっていったら面白いなと思う」と再戦を熱望した。
また、関本は「強烈の一言ですよ、対戦相手は。体ボロボロです。佐藤耕平選手も鷹木信悟選手も当たりが強い。タフです」と相手を称賛。…(ディリースポーツ https://www.daily.co.jp/ring/2017/06/14/0010283870.shtml)

迫力ある大男たちの肉弾戦・・プロレスの醍醐味だねぇ。
関本もスゲェ体格だなぁ!

| 愛アース | スポーツ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274