スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
睡眠時の突然死を防止、足立区がベビーセンサーと監視モニターの導入経費補助へ
足立は22日、乳幼児睡眠時の突然などを防ぐため区内保育施設に、呼吸などの振動検知する「ベビーセンサー」=写真植木裕香撮影)などの導入経費補助実施する方針発表した。
1億2625万2千円が補正予算組み込まれる見込み
補助するのは、警告異常伝えるベビーセンサー」と、乳幼児の顔色や呼吸、うつぶせ寝なっていないかなど、睡眠様子映像確認できる監視モニター」の2機器
睡眠中の乳幼児の対応めぐり区内の保育施設では、0歳児は5分間隔、1、2歳児は10分間隔、3歳児以上は15分間隔で保育が睡眠の様子を確認。
(1)呼吸の規則正しさ(2)顔色や口唇表情変化有無(3)うつぶせになっていないか(4)嘔気嘔吐おうと)の有無(5)眠りさ(6)発熱の有無(7)こみ鼻水の有無−を目視などで確認してきた。
今回、同区では「安全対策を強化するとともに、保育士の心理負担を軽減できれば」などとして、補助出して2機器の導入を進めることにした。
今後、区内では保育施設全306施設中285施設で新たな機器が導入される予定。…(産経新聞 http://www.sankei.com/life/news/171123/lif1711230012-n1.html)

導入したから万全とまではいかないと思うけど、リスクの低減には貢献すると思う。
良い取り組みだと思います。
子ども達は宝、子どもたちは未来、社会が見守っていかねば。
| 愛アース | 政治・行政 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274