スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
アホなことなってるなぁ・・小学校1棟無駄に
大阪府泉大津市教育委員会が、約3300万円をかけて2010年に耐震補強した市立上條小学校の3号館(3階建て)について、府に「建物のコンクリート強度が不足し、補強したとみなせない」と指摘され、昨年10月に閉鎖していたことがわかった。
市教委は設計段階で業者から「強度不足で耐震補強は困難」と指摘されながら、予算消化を優先。業者を代えて工事を実施させていた。
市教委によると、3号館は1963年に1、2階の一部を建設後、65、72年に3階などが増築された。
2009年8月、市教委は3号館の耐震補強を実施するため、業者に設計を委託。コンクリート強度を調べたところ、2階は国土交通省認定の公的基準の半分に満たず、1階も基準より2割弱低かった。このため、業者は「解体に値する数値で、工事は困難」と設計を辞退。市教委は当時、10年度末までに市内の全小学校の耐震補強を終える方針で、関連予算も既に組んでいたことから、予算消化を優先し、「年度内に工事を終える必要がある」として別の業者に設計を依頼した。(読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/national/20170417-OYT1T50046.html)

強度不足が明らかなのに、何やっとんねん。
アホらし。
無駄やって。
原資は血税酷税だっちゅーに。
| 愛アース | 政治・行政 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274