スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
蜂蜜の75%からミツバチに有害な殺虫剤の痕跡見つかる
世界中の蜂蜜の75%から、ミツバチに神経ガスとして作用する殺虫痕跡見つかり作物重要花粉媒介者であるミツバチ生存に対する懸念高まっいる
研究らが5、明らかにした。
科学サイエンスScience)に掲載された研究論文よると、世界中から集められた198種類蜂蜜試料検出された濃度は、欧州連合EU)が定める人間食用する残留基準下回っおり人体の健康への影響はなさそうだ。
だが、蜂蜜試料の34%がミツバチにとって「有害ネオニコチノイド濃度」で汚染されており慢性暴露ハチ生存脅威だと研究論文指摘している
ミツバチ世界主要穀物の90%の授粉を支えているが、近年ダニ殺虫ウィルス、またはこれら組み合わせ原因とされるの「崩壊症候群」で死んいる
研究対象なった欧州の蜂蜜は、2013EUによるネオニコチノイド一部規制採取されたもので、規制効果調べるにはさらなる研究必要とされている
ミツバチ植物集めながら授粉し、時間かけてこの甘い液体蓄積され濃い蜂蜜できる
汚染レベル検査するため世界中の生産から蜂蜜試料取り寄せられた。
スイスヌーシャテル大学UniversityofNeuchatel)のエドワードミッチェルEdwardMitchellが率いる研究チームは、一般使用されている5種類ネオニコチノイド検査実施した。
「蜂蜜試料全体の75%は少なくとも1つのネオニコチノイド含んでいた」という
蜂蜜汚染割合地域見ると、北米最も高く86%、アジアの80%、欧州の79%となっいる
最も濃度が低いのは南米の57%だった。
研究論文は「世界花粉媒介かなり部分がネオニコチノイドの影響を受けていることを、この結果は示している」と指摘した。…(AFP http://www.afpbb.com/articles/-/3145809)

スズメバチがいなくなるなら歓迎なんだけど。
人体には影響のないレベルらしいけど、ミツバチの存続にとっては軽くない問題なのかも。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274