スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
親しい友人同士の脳活動に驚きの類似性
親しい友人同士実生活体験に対して薄気味悪いほど類似した神経反応示すこと明らかにした研究論文が30日、発表された。
出会いサイト相性基準一つに「活動」を追加するのが得策かもしれない。
論文の筆頭執筆で、カリフォルニア大学ロサンゼルスUCLA計算社会神経科学研究所ComputationalSocialNeuroscienceLab)の所長務めるキャロリン・パーキンソンCarolynParkinsonは、「今回の研究結果は、友人同士は自分周り世界非常似通っ方法処理していることを示唆している」と話す
ボランティア被験者42人を対象とする今回の実験では、ニュース音楽コメディードキュメンタリーそれぞれ短い映像を被験者に見せその間に脳のどの部位変化現れるかを比較するため磁気共鳴画像装置MRI)を使用した。
その結果、研究チームは被験者ので友人関係ある人々特定することに成功した。
友人同士の良いほど、情緒反応、高レベル論理思考注意集中せる能力などをつかさどる脳部位の神経パターンの類似高かった。
被験者に見せた短い抜粋映像の内容には、当時バラク・オバマBarackObama)米大統領演説ユーモア交えるべきかどうかをめぐるジャーナリストらの議論身体的な特徴で社会からのけ者にされた人を描く感傷的なミュージックビデオコスタリカナマケモノ赤ちゃん扱ったドキュメンタリー、同性愛者の結婚式シーンなどが含まれていた。
人の付き合いに関しては「呼ぶ」で、年齢外見民族背景人口統計カテゴリーが同じ人同士の引か合いやすいことは、科学者らのかなり以前から理解されていた。
科学ネイチャー・コミュニケーションズ(NatureCommunications)に掲載された論文によると、この傾向ソーシャルネットワークSNS)にも及んでいるという
進化心理学者らは、適者生存ダーウィン主義観点から「た者同士が集まる原則により社会的一体性、共感摩擦ない集団行動などが促進れる主張している。
自分とは明らかに異なる「同じ種族でない」人との間に築かれる関係は実用的、仕事本位長続きしない傾向にあることが過去の研究で示されていた。
だが、論文の主執筆者で、米ダートマス大学(DartmouthCollege)のタリア・ウィートリーThaliaWheatley教授(心理学・脳科学)によると、「似た者同士」を追い求めることに伴うマイナス要素デジタル時代において増幅されるという。
ウィートリー教授は、AFP取材に「考え方が似通った人だけを自分の取り巻きにすることで、同じよう意見ばかりが反響合う空間エコーチェンバー)が形成され、偏り生じる」と語る
「こうした現象は、人々がすでに持っている考え裏づけるだけの情報常に提供続けるインターネット上のコミュニティーによって増幅される恐れがある」…(AFP http://www.afpbb.com/articles/-/3160607)

類は友を呼ぶ・という諺があるが確かに一緒にいて居心地のいい人とそうでない(ぎこちなかったり)人が存在する。

でも、社会は自分と異なるタイプの人間も互いに尊重し合わなければ成立しない。多様をを受け入れなければ。
多様性は生物学的に見れば種の生き残り戦術でもあるのだから決して軽視できない。
ただ、当該研究結果にはなるほどと納得がいく面が多い。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274