スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
日本・・意外に休日多すぎ?
長時間労働が社会問題になるほど「休めない」というイメージが強い日本だが、欧米やアジア諸外国と比べ、本当に休日は少ないのか? 各種データをもとに検証してみよう。…「『日本はなぜ、これほど休みが多いのか?』と、どの企業でもグローバル本社の人事担当者から聞かれました」
米国、ヨーロッパ、アジアに本社を持つ複数の企業で日本法人の人事責任者を務めたことがある…氏は当時を振り返ってこう語った。
長時間労働が社会問題になるほど休めないイメージが強い日本なのに、これは一体どういうことなのだろうか。
実は日本の祝祭日の日数は、諸外国と比べて群を抜いて多いのだ。バカンス大国と呼び声の高いフランスが年間9日、米国が10日だが、日本は欧米勢より1週間以上長い17日。同じアジア勢の香港が13日、シンガポールが11日と続く…。
この祝祭日の多さが冒頭の外国人社員の発言につながっているのだ。
対して有給休暇についてはどうか。
フランスでは有休付与数、消化数とも30日で100%消化している。ほかの上位はスペイン、ブラジル、オーストリア、イタリアと総じてヨーロッパが多く取得している。日本は付与数20日、消化数10日。取得率50%。韓国は日本よりさらに少なく、アジアはヨーロッパに大きく水をあけられている。…(Infoseek ニュース https://news.infoseek.co.jp/article/president_21927/)

数十年前の日本は当時の世界の先進各国に比べ休日数は少なかったと思う。
休日は基本的に日曜のみ。
役所などでも土曜日半ドン(半日勤務)。
祝日数も今に比べればかなり少ない。
さらに役所は知らんけど民間なんて一応有給あったけど有名無実というかあっても無いものと同じ・・利用することはまず無かった=有給を申請しづらい空気が充満していたので。
でも、それから数十年経る過程で随分と休日を取り巻く状況は変化した。
土日の完全週休二日となり祝日も激増した。

でも、祝日は増え過ぎだと思う。
一斉に同じ日に休むことになりテーマパークやレジャー施設、宿泊施設が混雑し高速道路は渋滞。
車を運転するお父さん方は会社で疲れてレジャーでも疲れて大変だぁ。
年間で同じ休日休めるのだとしたら、祝日減らして有給の数を増やすべきだと思う。
そうすれば、欧州のバカンスのように自分なりに計画を立ててある程度長い休みも取れるだろうしね。
| 愛アース | 国際 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274