スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
宇宙で微生物が数年間生存できること確認、東京薬科大などの研究チーム
過酷環境宇宙微生物年間生存できることを、東京薬科大などの研究チーム国際宇宙ステーションISS)での実験突き止めた。
欧州学術論文が26日、掲載された。
生命は宇宙空間移動するとの仮説支持する成果で、数年生きいれ火星地球の移動も可能いう
放射線強い特殊細菌容器入れてISSに運び、宇宙空間に3年間さらし結果有害紫外線浴びても全体の数%が生き残った。
生存などの分析から、紫外線を浴びた状態で2〜8年、浴びなければ数十年は宇宙で生存できることが分かった。
生命は宇宙空間を移動するという100年以上提唱された「パンスペルミア仮説」を検証した。
地球の生命がどこ生まれたかは未解明で、火星から飛来した可能指摘れる
地球に接近しているときの火星で大気の微生物が雷雲影響加速し、宇宙に飛び出すと、数年で地球に到着可能という。
チームの山岸明彦・東京薬科大名誉教授は「生命は火星から飛来した可能性が高まった。今後は強い放射線を浴びる周回基地でも実験したい」と話す。…(livedoor ニュース https://news.livedoor.com/article/detail/18794097/)

>生命は火星から飛来した可能性が高まった。

3年間、宇宙空間で無事・・微生物は結構タフなんだな。
その説だと
先に火星で生命が誕生したという事なのかな?



| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | - | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274