スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
新ヒロイン・永野芽郁に期待の声
応募総数2366人の頂点に立ったシンデレラガールは、全身からみずみずしさをほとばしらせていた。18年度前期のNHK朝ドラ「半分、青い。」のヒロインに抜擢された女優・永野芽郁(17)。初の朝ドラオーディション、初の朝ドラ出演で見事にその座を射止めた。
20日の記者発表会見では「まだ全然実感がなくて」と戸惑った様子も見せたが、「普段の自分に似ている。明るさには自信があります。自分が素のままで自由に演じられるのは、楡野鈴愛(役名)だけかもしれない」と力強く意気込んだのだった。
大阪万博の翌年、1971年に岐阜で生まれ、片耳の聴覚を失いながらも七転び八起きの精神で生き抜く女性の半生を描く。脚本家・北川悦吏子氏のオリジナル作品で、高3からアラフォーまで演じる永野。起用の決め手は主人公のキャラクターにぴったりの雰囲気を持つことに加え、「メークで顔立ちが変わる女優さんで10代も30代も演じられる。彼女を見るために毎朝、テレビの前に座ってもらえる作品にしたい」(制作統括の勝田夏子氏)と自信もうかがわせていた。
ここ最近の朝ドラヒロインは、高畑充希(25)や有村架純(24)といったすでに実績のある売れっ子の起用も目立ったが、今回は伸び盛り真っただ中。すでに芸能界的には映画「俺物語!!」のヒロイン役に起用された際に「うちにも欲しい超逸材」(某大手芸能プロ幹部)といわれる存在だったが、まだまだ名前と顔が一致しないオトーサン世代は多いだろう。作家でアイドル評論家の中森明夫氏はこう言う。
「ファッション誌『ニコラ』のモデルを務め、カルピスウォーターのCMに起用され、そしてつかんだ朝ドラヒロイン。能年玲奈と同じ系譜を歩む永野は、まさにポスト能年といえる存在です。それに加え、ドラマ版セカチューのヒロインを演じて一躍脚光を浴びた綾瀬はるかの雰囲気に通じるところもある。…(@Niftyニュース https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12136-398372/)

まだ、17なの?
最近は卓球などスポーツ界、将棋などでも若い世代の台頭がみられるけど、芸能界の逸材・永野芽郁
将来的には、綾瀬はるか みたいにトップ女優としての活躍も期待できるかもね。

| 愛アース | アイドル・女性タレント | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274