スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
卵の白身で高強度の新素材開発
食卓おなじみ
白身状態だと透明ドロドロだが、ゆで卵にする白い弾力持った状態に変わる
ごく当たり前のこの現象応用し、驚くべき高強度材料開発やっのけ研究いる
強度は実に、ゆで卵の150以上
医療素材食品への利用期待れる
中国・東南教授野島達也さんタンパク質科学の研究者。
東京工業大だった平成28年には、溶けたタンパク質の分子界面活性使う凝縮する現象を、チーム発見する成果挙げている。
同年ごろ大学近くコンビニ売られている卵を見つけふと考えた。
タンパクもともと、卵の白身という意味だ。タンパク質科学者にとって、これ原点。開発した界面活性剤の技術が白身にも適用できたら、技術の普遍アピールできる生物構成する重要成分のタンパク質は近年金属セラミックス続く次世代材料として注目されている。
ただ、微生物細胞培養生産されるため時間費用かかるネックだ。
そこで野島さんらは、大量生産で安く入手できる食品のタンパク質に注目していた。
早速実験取りかかった。
白身に水を加えかき混ぜ独自の界面活性剤を加えると、予想通りに卵のタンパク質が凝縮した。
これを温めると、白く不透明ゲルができた。
野島さんは「ゆで卵ができるのと同じこと起きただけ。つまらない」と感じたという
ところがその塊をにしたところ信じられないほどのさに驚いた。
圧縮するときの強度を測ると、ゆで卵の150倍以上。
全く予想のことが起こった。
詳しく分析した結果、タンパク質の分子同士均一結合していることが分かった。
タンパク質はアミノ酸つながってできた、高分子呼ばれる物質一種だ。
普通のゆで卵ではひも状の分子同士が不均一に絡まり合っおりを加えると結合が弱いところに力が集中して壊れしまう
ところが、界面活性剤を加えることで結合が均一になり、力が特定場所に集中しなくなって強度が上がるとみられる
野島さんはこの塊を周りの研究者や学生触らせては「卵の白身でできているんだよ」と伝え驚かれる反応大いに楽しんだのだとか。
「ただ、は材料科学の専門ではないので、論文まとめるのに苦労した」と野島さん。
今月科学掲載された。
この技術の実用楽しみだ。
アレルギー反応などの問題ないほかのタンパク質や界面活性剤を用いる必要あるが、この課題クリアすれば、手術関節軟骨再生の素材などの医療分野への利用がまず期待できる。
一定期間に体に吸収され、なくなるのだ。
グミなど新の食品に利用できる期待もある。…(Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-00000539-san-sctch)

へぇー用途の可能性が広がりますね。
今後の研究の進展に期待。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274