スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
BGMを流す人は無能・・という記事見掛けたが
ある研究チームがBGMの影響を認知テストをさせて確認したところ、
BGMを聞いたグループは成績が低く
無音状態のグループは最も成績が高かったとのこと。
記事に「仕事中にBGMを流す人は無能!英大学の研究で判明」といタイトルがついていた。

もし、BGMで能率が低下するとしても「無能」はひどすぎるんじゃないかな。
無能って能力がないということでしょ。
どっちもヒドイと思うけど・・低能の方がまだマシなんじゃないか。
っていうか、それだけで能力云々は飛躍し過ぎなんじゃないかな。
個人の能力とは別でしょ。
まぁ、そういう作業環境を選択したという時点で劣っていると言えなくもないけど。

行われた実験の詳細はわかりかねる。
同一グループでBGM条件を変えてやったみたのか?
BGMの曲にもよると思う。
要素はアップテンポやスローテンポという違いだけではないと思う。
個々人によって能率が異なるのかも、又、好きな曲とそうでない場合も関係するのかも。
そもそも、その認知テストがどんなものなのか?
まぁ、科学的に意義のある実験方法を用いたとは思うが。

自分の経験上では、繊細なテーマや深く思考するような作業、文章の推敲などの場合は確かに好きな曲も含め一切のBGMは邪魔(効率低下を認識する)に感じる。
大して深く考える必要もない軽い計算や単純作業などでただやたらとボリュームが大きいような作業では好きな曲がBGMで自分としては能率が落ちているとは全く感じない。
仮に嫌いな曲調だと低下しそう。
軽作業の場合でもラジオのように話しが主体の音では聞き入ってしまい多少の能率低下はありそう。

深い思考の場合はもともとBGM聞かないよ。
研究結果が真理だとしてもBGMを聞きたい時は聞くと思う。
その人から見れば「無能」に見えるかも知れないけどね。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274