スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
キャバクラ経営者を告発、4700万円脱税疑い
従業給与から天引きした源泉所得納付しなかったとして、名古屋国税局が所得税法違反疑いで、静岡富士市のキャバクラ運営会社「○○」と実質経営者の○○氏(48)を静岡地検告発したことが29日、分かった。
関係よると、平塚は2015年12月までの3年間で、従業ホステスボーイに計約3億5000万円の給与支払う一方天引きした源泉所得計約4700万円を全く納めなかった疑い持たれている
平塚氏は取材に対し、「経営うまくいかず、納税する給料家賃払えなかった」と説明
国税局指摘に従い、納付するという
国税局は昨年1月強制調査査察)に着手していた。
平塚氏は最盛には「マキアージュ」など4店舗を経営し、従業員が100人ほどいたが、現在いずれ営業していない。(時事通信 https://www.jiji.com/jc/article?k=2018013000175&g=soc)

天引きした源泉所得税分を納めていないとなると元従業員の方々も納税的にアンマッチな状態になっているのかもね。
従業員の方々に非は無くとも。
| 愛アース | 社会 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274