スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
微動後3分で噴火に専門家も衝撃
草津白根山もと)白根山(2171メートル)で、最初火山微動発生からわずか3分で噴火したことが、火山研究らに衝撃与えいる
再噴火で同様事態想定すれば、入山者に避難呼び掛ける余裕ない
前兆考え方など、火山防災への対応根本から再検討迫られている。
…「ガス噴出地熱上昇など火山らしい現象一切ない。なぜ繰り返し考えている」。
草津白根山の研究を続けてきた東京工業大野上健治教授話す
気象庁よると、23日の噴火では、午前9時59分に火山性微動が観測され、同10時2分に噴火した。
火山は噴火、微動やガスの噴出増加、地熱上昇、地殻変動などがみられるのが普通
2014年に「突然噴火した」と言われる御嶽山(3067メートル、長野岐阜県境)も、17日前から火山性地震急増が観測された。
今回異例の異例。
野上教授の言葉「あるはず兆候がない噴火。火山観測の哲学覆された」がそれ象徴している。
今後いきなり噴火する可能性を考えざるをない。
火口周辺への立ち入り規制解除を検討する時期いずれくるが、根拠判断するか難しい
噴火の大規模否定できない。…(Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000074-mai-sctch)

あるかも知れないしないのかも知れない・・そして、あるとすればいつなのか?規模は?
暗中模索は続く。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274