スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
71歳女性暴行死、40歳の無職男「かっとなって殴った」
愛知県新城市で知人の高齢女性を暴行死させた後、現金を盗んだとして、傷害致死や窃盗などの罪に問われた住所不定、無職、○○被告(40)に対する裁判員裁判の初公判が10日、名古屋地裁岡崎支部(野村充裁判長)で開かれ、小久保被告は起訴事実を認めた。
冒頭陳述で検察側は「被害者に対して日常的に暴力を振るっていた」と指摘。弁護側は、女性の身の回りの世話をする中で「かっとなって殴ってしまった」とし、情状酌量を求めた。
起訴状などによると、小久保被告は平成27年12月31日ごろ、生活費を頼っていた荻野サクコさん=当時(71)=宅で荻野さんの顔を殴って死なせ、交際相手の女(42)と共謀して遺体を新城市の廃屋に遺棄。28年1〜3月、荻野さんの口座から現金を不正に引き出したとしている。…(産経新聞 http://www.sankei.com/west/news/170710/wst1707100051-n1.html)

ソイツって、もしかして下記の事件も?
トンデモねぇ奴だなぁ、人の命を何だと思っているのか・・。

殺人事件にはなっているのかいないのか?一人殺してしまうと・・平気になってしまうものなのか?
人間は冷徹な生き物?
それとも彼らが特異なのか・・。

愛知県新城市の無職女性を殴って死亡させ、同市内の山中に遺体を遺棄したとして傷害致死や死体遺棄などの罪で起訴された○○被告(40)が、別の男性についても「遺体を2006年ごろに遺棄した」と供述していたことが、捜査関係者への取材でわかった。供述に基づき県警が捜索したところ、同県田原市で白骨遺体を発見。遺体は06年から行方不明になっていた男性と判明した。
捜査関係者によると、小久保被告は新城事件の取り調べのなかで、06年ごろに別の男性の遺体を田原市内の山林に遺棄したなどと供述。見つかった遺体はDNA型鑑定などの結果、同県豊橋市に住んでいた当時72歳の男性と判明した。男性は小久保被告の知人で、06年秋ごろから姿が見えなくなり、家族から行方不明者届が出ていたという。
男性の遺体が遺棄された時期が06年ごろであれば、死体遺棄罪の公訴時効(3年)はすでに成立している。ただ、小久保被告は「殴っていたら死んだので遺体を遺棄した」という趣旨の説明もしているといい、県警は傷害致死罪(20年)など公訴時効を迎えていない容疑にかかる可能性もあることから、男性が死亡した経緯についても慎重に調べている。
小久保被告は15年12月30日ごろ、新城市七郷一色の無職女性(当時71)の頭部を殴り、翌31日ごろに死亡させたうえ、共犯の女(41)と近くの廃屋に遺体を運び入れて遺棄したとして起訴されている。…(2017年3月3日 朝日新聞 http://www.asahi.com/articles/ASK3332GLK33OIPE006.html)
| 愛アース | 社会 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274