スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
女性乱暴事件、元NHK記者が無罪主張
山形、山梨両県で20代の女性3人の自宅に侵入し、乱暴したとして強姦致傷などの罪に問われたNHK山形放送局の元記者、○○被告(29)の第1回公判前整理手続きが8日、山形地裁(児島光夫裁判長)で開かれ、弦本被告側はいずれも無罪を主張した。
手続き終了後、弁護人は「弦本被告は犯人ではない」と説明した。被告は逮捕直後、「身に覚えがない」などと各事件への関与を否認しており、弁護人によると、その後も一貫して否認を続けているという。次回手続きは10月30日。
起訴状によると、弦本被告は昨年2月に山形市、平成26年10月と25年12月に山梨県内で女性宅に侵入して乱暴し、うち2件で女性にけがを負わせたとしている。山形地裁で一括審理することが決まっている。
NHKによると、弦本被告は23年に入局し、甲府放送局(甲府市)に配属。県警担当2年、富士吉田支局(富士吉田市)勤務1年を経て甲府に戻り、スポーツ担当を1年務めた。
27年7月に山形放送局に転勤し山形市政などを担当。昨年7月に山形県の日本海側北部の取材を担当する酒田支局(酒田市)に異動した。今年2月16日付で懲戒免職になった。(産経新聞 http://www.sankei.com/affairs/news/170908/afr1709080031-n1.html)

>被告は犯人ではない」と説明



無論、冤罪など断じてあってはならない。
でも、だとしたら・・『現場の遺留物がいずれも○○容疑者のDNA型と一致した』という点は、被告・弁護側はどう説明するの?


---過去の記事 2017.4.6 ---
山梨県と山形県で女性を強姦(ごうかん)したとしてNHK山形放送局の元記者が逮捕、起訴された事件で、山梨県警は6日、別の女性に対する強姦致傷と住居侵入の容疑で、元記者の○○容疑者(28)を再逮捕した。逮捕は3回目。「一切身に覚えがない」と容疑を否認している
逮捕容疑は、甲府放送局に勤務していた平成25年12月12日午前5時半すぎ、県内の当時20代の女性宅に侵入し、就寝中の女性を強姦して全治約10日のけがを負わせたとしている。
県警捜査1課によると、
弦本容疑者は26年10月、山梨県内で当時21歳の女性宅に侵入。就寝中の女性に馬乗りになり、口にストールを押し込んだ上で性的暴行を加えたとして、甲府地検が5日、強姦などの罪で起訴している。
このほか、転勤した山形県内で28年2月、当時20代の女性宅に侵入し、女性を強姦し、けがをさせたとして山形地検が今年2月に起訴した。
捜査関係者によると、現場の遺留物がいずれも弦本容疑者のDNA型と一致したとしている。山梨県警はさらに余罪がないか、慎重に調べを進めている。(2017.4.6 産経新聞 http://www.sankei.com/affairs/news/170406/afr1704060019-n1.html)


| 愛アース | 社会 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274