スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
過去に逮捕された事実が表示、グーグル検索での削除認めず・東京高裁
横浜市で診療開設している歯科医師の男性が、自分名前インターネット検索する過去に逮捕された事実表示れるとして、検索サイトグーグル」を運営する米国法人に、検索結果削除求め訴訟控訴判決で、東京高裁請求棄却した1審横浜地裁判決を支持し、男性の控訴を棄却した。
男性は訴訟で、逮捕からは既に10年以上経過していると主張したが、阿部裁判は「なお歯科医師としての資質関わる事実として、公共利害に関するものだ」と指摘した。
判決によると、男性は歯科資格持たない診察をさせたとして歯科医師違反疑いで逮捕され、罰金50万円の略式命令受けた。
逮捕の事実が新聞報じられ、インターネットを通じて拡散
患者減ったり、求人応募なかったりする被害生じた、として提訴した。
昨年9月の1審判決は「被害の程度重くない」などとして認めなかった。…(産経新聞 http://www.sankei.com/affairs/news/180127/afr1801270032-n1.html)

悪いことは出来ませんね
| 愛アース | 社会 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274