スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
「旦那を殺しちゃった」と申し出するも警察がシカト・後に自宅から遺体
夫の遺体を遺棄したとして起訴された女が「旦那を殺した」と東京都内の交番などに申し出ていたにもかかわらず、警視庁が適切な対応をせずに帰宅させていたことが分かりました。
○○被告(53)は先月、さいたま市の自宅マンションで、夫の利夫さん(70)の遺体を放置した死体遺棄の罪で起訴されています。警視庁によりますと、和久井被告は先月9日、東京・北区の赤羽駅前交番に「旦那を殺しちゃった」と申し出ましたが、対応した相談員(60代)は事実とは思わずに「赤羽署に行った方が良い」と対応したということです。和久井被告は赤羽署でも同じ内容の話をしましたが、詳しく調べずに帰宅させていました。和久井被告は翌日も同じ交番に出向きましたが、この際も帰宅させていたということです。その後、埼玉県警から「自宅から夫の遺体が発見された」と連絡があり、事件が発覚しました。…(テレ朝news http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000104764.html)

警察・・あまりにもお粗末・怠慢だと思う。
冗談という雰囲気ではなかったようだし、
仮に嘘だと推定されても何度も訪れているんだから一度は訪問して確認するべきだったでしょ?
管轄の問題もあるだろうから埼玉県警へ引き継ぐということになるのかも知れないが。
| 愛アース | 社会 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274