スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
ワクチン接種が増加しても免疫力低下はない
子どもたち受けるワクチン接種回数以前世代比べはるか増えいるが、それによって子どもの免疫低下したり、感染かかりやすくなったりすることはないようだとする米国研究論文が6日、米国医師雑誌JAMA)に発表された。
現在推奨されている最大16回のワクチン接種を含む予防接種スケジュールと、米国の子どもが受けるワクチンと無関係な感染症や病気発症との関連調査したのは今回の研究が初めてなる
論文の共同執筆で、医療団体カイザー・パーマネンテKaiserPermanente)の小児科マシュー・デイリーMatthewDaleyは「米国全土たちがワクチンの安全性について疑問懸念抱いているのは理解できる」と語る
「ただ今回の研究で、ワクチン接種が原因で免疫損なわれ、子どもたちが感染症にかかりやすくなるようなことはないとみられるということが分かった。この結果が予防接種の推奨スケジュールに関するさらなる安心を親たちに与えることが期待れる」研究では、呼吸胃腸の病気やその他ウイルス細菌の感染症と診断された子ども193人から無作為抽出したサンプルを、感染症と診断されなかった子ども751人の対照比較した。
研究チームは、子どもの生後2年間におけるワクチン抗原への暴露レベルを調査し、その後の感染症発症との関連を調べた。
ワクチン抗原は体内の免疫反応誘発するタンパク質や他の物質だ。
論文によると、この子どものワクチン抗原への総暴露は「その後の24か月におけるワクチン対象の感染症発症リスク上昇とは関連がなかった」という
論文の主執筆者で、米カイザー・パーマネンテ・コロラド健康研究所ColoradoInstituteforHealthResearch上級研究ジェイソン・グランツJasonGlanz)氏は「幼児多数のワクチンを受けることで、子どもが免疫系を損ない、その後に感染症を起こしやすくなるとの懸念を抱く親もいる」と話す
「しかし今回の研究は、幼児の免疫系に負担かけすぎるとする非常疑わしいことを示唆している」…(AFP http://www.afpbb.com/articles/-/3166426)

昔に比べて種類や回数が増えているようだけど、あまり心配は要らないようだ。
| 愛アース | 医学・医療・健康 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274