スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
孤独と心臓発作や脳卒中後の死亡率、関連か
孤独心血疾患リスク及ぼす影響は、最近研究示唆されているより小さいとの研究結果が27日、発表された。
だが、社会孤立は、実際心臓発作脳卒中発症の死亡上昇せること分かった。
英国男女48万人近くを7年間にわたり追跡観察した調査よると、孤独感と心臓との存在するとされる関連は、喫煙飲酒貧しい食生活運動不足など、その他よく知られた危険因子考慮入れる実質的に消失するという
通じ合う人がおら寂しい気持ち早死にに及ぼすとされる影響についてもこれ同様だった。
しかし、医学Heart」に掲載された論文によると、リスクの高い生活習慣を考慮に入れてもなお、実際に一人だけで時を過ごす社会的孤立は、心臓発作や脳卒中を発症した人の死亡リスクを約30%上昇させたという。
フィンランドヘルシンキ大学UniversityofHelsinki)のクリスチャンハクリネンChristianHakulinen教授率いる研究チームは「孤独感ではなく社会的孤立が、死亡の独立危険因子として残った」と結論づけている。
…調査の参加らは、自身民族背景教育レベル所得、生活様式うつ病などに関する詳細情報提供した。
調査ではさらに、参加者自身の孤独と社会的孤立度も調べた。
孤独度は主観的な判断で、社会的孤立は1人でまたは他者一緒に過ごす時間さで評価する。
その結果、回答全体の10%近くが社会的孤立状態ある認められ、6%が孤独感を感じおり、1%がその両方だった。
研究チームはこの個人データを、心臓発作や脳卒中を初めて発症した人々および死亡した人々のデータと照合
健康損なう生活習慣を考慮したところ、残ったのは社会的孤立との関連性だけだった。
過去一部研究によると、一人暮らしの人では早死にの傾向がみられるほかがんを発症してから死去するまでの期間短く、全体的に健康状態が悪いとの結果が示されたという。
またの研究では、認知との関連も指摘されている。…(AFP http://www.afpbb.com/articles/-/3169217)

そうなると気分も沈みがちになるだろうし精神的な影響と言うのは大きいのでしょうね。
そういう結果でも違和感はない。
| 愛アース | 医学・医療・健康 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274