スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
欧州発送の靴の箱から毒ヘビやクモ・サソリがぞろぞろ、豪税関
オーストラリア・メルボルン(Melbourne)の税関当局が先月、欧州から届いた靴用箱2個の中に、毒ヘビ、外来種のクモやサソリが多数入っているのを発見していたことがこのたび明らかになった。
北欧から発送され、内容物は「靴」と記されていたこの2つの箱の中には、東南アジア原産の毒ヘビ6匹、ボールニシキヘビ3匹、メキシコやブラジル、コロンビアに生息する大型タランチュラ9匹、さらに複数のチャグロサソリが入っていた。
移民・国境警備省(DIBP)は4日、「クリーピー・クローリー・カーゴ(Creepy crawly cargo、はい回る動物入りの不気味な荷物の意)」と題した声明を出した。タイトルにはユーモラスな響きを込めたが、同国に存在しない害虫や病気が持ち込まれる恐れがあり、防疫上のリスクを高める深刻な問題だと警鐘を鳴らした。…(AFP http://www.afpbb.com/articles/-/3123901)

他国のこととはいえキモイし心配。
危険動物であること、又、生態系への影響。
象を同じ方法で密輸することは出来ないが小型の生き物なら。
それも外来生物が入るルートの一つなのだろう。
| 愛アース | 国際 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274