スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
免疫細胞がガンの増殖促進する「悪玉」に変化する元の細胞発見
通常は免疫細胞として働くのに、がんの増殖や転移を促進する「悪玉」に変化するマクロファージの元になる細胞を、東京医科歯科大の研究チームが発見した。論文は16日付の米科学誌イミュニティ電子版に掲載された。
マクロファージは免疫細胞の一種で、白血球の一種「単球」から変化して細菌の排除などの役割を果たす。しかし、がん細胞周囲では腫瘍関連マクロファージ(TAM)に変化し、がん細胞を攻撃するT細胞などを抑制したり、転移を促進したりするなどの「悪玉」に転じる。
単球はこれまで、GMPと呼ばれる単一の前駆細胞から分化すると考えられてきたが、同大の樗木俊聡教授らが詳しく調べたところ、細胞表面にあるたんぱく質の違いで、cMoPという別の前駆細胞の存在が判明。cMoPが単球を経るとTAMになることが分かった。
研究チームは、cMoPの働きを一時的に抑制できれば、単球やTAMの生成が抑えられて新たな治療法につながるとみており、候補となる物質の探索を進めている。(時事通信 http://www.jiji.com/jc/article?k=2017051700069&g=soc)

善玉が悪玉に?
細胞の世界も波乱万丈だ。
新たな治療薬や治療法の開発に繋がって欲しいですね。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274