スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
遠隔操作でカテーテル操作、心臓病治療に導入
パソコンを操作するマウスを使った心臓病治療が、加古川中央市民病院(兵庫県加古川市加古川町本町)で始まっている。磁力を利用し、カテーテル(医療用の細い管)を1ミリ単位で操作できる最新機器を昨年7月に導入。医師が患者のそばで管を押し込む必要がないため、カテーテルはうどんのようにふにゃふにゃ。血管を傷つける危険が低下し、対処の難しかった患者の治療も期待されるという。カテーテル治療装置「マグネティック・ナビゲーション・システム(MNS)」。左右一対の装置で、それぞれに直径約1メートルの永久磁石を内蔵する。手術室のベッドを挟むように置き、磁石を傾けたり、回したりして、異なる強さの磁場を発生させ、カテーテルを導く。
米国の医療ベンチャー「ステレオタキシス」が開発。日本では2013年、不整脈の治療法、心筋の一部を高周波の電気で焼く「心筋焼灼(しょうしゃく)術」で承認された。遠隔操作でき、米国にいる医師がイタリアの病院にいる患者を治療した例もある。
同中央市民病院は昨夏、加古川市の東・西市民病院を統合して開院。それと同時に国内2基目を導入し、13ある手術室の一つを専用室にした。
医師は、手術室で患者の太ももの付け根などの血管にカテーテルを差し入れると隣室に移動。モニターの映像を見ながら、マウスを握る。角度を調整し、1ミリ単位で前進後退させながら治療を施す。
装置で使うカテーテルは柔らかく、先端に小型磁石があり、MNSが発する磁場で導き、患部へと血管内を移動させる。患者の横でカテーテル末端のハンドルを操り、手動で押し進める従来法に比べ、先端にかかる圧力は3割程度に軽減。急カーブする血管内を進むことも可能にした。
「心臓や血管の壁を傷つけたり、それによる心停止を引き起こしたりするリスクを大きく下げられる」…(神戸新聞 https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201704/0010098548.shtml)

血管内なので凄くシビアな世界なんだろうなぁ。
通常だと施術する医師の技量(腕)によるだろうから。
カリスマ医師が誕生したようなものなのかな。
市民にはきっと嬉しいことだね。
| 愛アース | 医学・医療・健康 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274