スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
性同一性障害特例法に基づいて性別を変えた人が「…判断は誤り…」として性別変更の取り消しを申し立て
性同一性障害特例基づい戸籍性別変えた人が「自分判断誤りだった」として、性別変更取り消し西日本家庭裁判所申し立て認められていたことわかった。
昨年11月30日
申立人の代理人弁護士よると、同特例法の手続きいったん変えた性別を戻すケース極めて珍しい
代理人の和行弁護士(大阪弁護士)によると、申立人は2011年、自分の性別に違和感覚えため精神2人による診断と性別適合手術受け家裁審判て、戸籍の性別と氏名を変更した。
しかし、新たなじめず、「当時は精神不安定時期。変更は間違いだった」と考えた。
当初診断した医師1人から、「本人信じ込んでいたため誤診した」との意見もらい、昨年6月、家裁に取り消しを申し立てていた。
家裁は元の性別で生活していることを考慮したという。…(読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/national/20180302-OYT1T50116.html)

そもそも、性同一性障害なんて病気あるのかなぁ。
逆の性に変わりたい願望なんじゃないの?
| 愛アース | 医学・医療・健康 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274