スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
酒が弱い女性は高齢になると骨折リスク増加
弱い女性は、年を取ると骨が折れやすくなることが、慶応大などの研究チーム調査わかった。
女性は閉経(そしょう)なりやすいが、アルコール分解かかわる遺伝子働き弱いさらにもろくなる可能あるいう
27日科学「サイエンティフィック・リポーツ」で発表した。
同大医学部宮本健史教授整形外科)らは、アルコール分解する時に働く酵素つくる遺伝子ALDH2」に着目
この遺伝子働きが生まれつき弱い人は悪酔い原因なるアセトアルデヒドうまく分解できず、酒に弱くなる
中高年の女性で大腿だいたい骨折した92人と骨折していない48人の遺伝子調べ比較した。
遺伝子働き弱い人の骨折リスクは、ない人の2・3高かった。
チームマウス細胞でも実験した。
作る細胞アセトアルデヒド加える働き弱まったが、ビタミンE補う機能回復した。
アセトアルデヒドもろくする可能あるとみられる
宮本さんは「お強いか弱いかは生まれつき変えられない。だが、骨折のリスクあらかじめ自覚し、ビタミンE適度摂取予防できる可能性がある」と話している。(朝日新聞 http://www.asahi.com/articles/ASK3V00WLK3TULBJ00F.html)

事前に知っていれば対処できるのかもね。
男の場合は酒が弱くても関係ないのだろうか?
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274