スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
「精子バンク」などと称して精子の提供を掲げるサイトが存在か?
他人精子使っ人工授精手がける医療機関減る一方ネットには「精子バンク」などと称し精子提供掲げるサイトが、活動休止も含めて60以上存在する
多くは「無償」や「ボランティア」とし、個人運営している
精液入れ市販注射を渡して、女性が自分で注入する方法のみのサイトある一方交渉選択肢するところある
都内住む20代後半の女性は「無償精子バンク」を運営する男性の提供で、長女(1)を生んだ。
抱いた長女を見つめて「そっくりでしょ」と笑う
スマホには、長女よくまゆ毛の男性の写真映っていた。
「男性への恐怖嫌悪」で結婚はしたくなかったが、子ども欲しかった。
医療施設ではAID受けられないためネット提供探した。
複数サイト運営面会し、4人の男性に「こちら気持ちくみとっくれいる」と感じた。
1年近くにわたり月1、2回、注射もらって、自分人工授精を十繰り返した。
うまくいかず、妊娠確率上げようと交渉した結果妊娠したという
後悔ない。この質問には答えていきたい」と話す。…(朝日新聞 http://www.asahi.com/articles/ASK3T778DK3TPLBJ00G.html)

良いとも悪いとも判断することは出来ないが。
親となる方に後悔無くても、子どもが思春期頃になったら父親のことはよくわからないだろうし心境は複雑そうだな。
| 愛アース | 社会 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274