スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
市営住宅で猫53匹を放置、地獄絵図の惨状
「長年苦しめられた悪臭大量ハエから解放された」。
神戸東灘市営住宅53放置していた40代女性が神戸地裁から強制退去処分受け近隣住民は約8年ぶり安息日々取り戻した。
女性が残しいっ部屋人間さまで猫の糞尿ふんにょう)が堆積
家具などいたるところ汚物染み込み、猫の死骸からは大量のハエやウジわくなど「地獄絵図そのものだった。
元々は女性が拾ってきた数匹の猫から始まっ悲劇は、ペットの大量繁殖飼い主飼育不可能なる「多飼育崩壊」が背景あった。
同様事例全国相次いおり専門は「必ず不妊去勢手術を」と強調する
4月7日午前9時、神戸市東灘区魚崎南町の市営住宅3一室へ、黒い防護包ん清掃業者の男性作業8人が次々入った。
部屋の明け渡し求める市の提訴を受け、神戸地裁が悪臭による迷惑行為という市の主張認める判決下し、業者が強制退去に踏み切っ瞬間だった。
DK(約60平方メートル)の室内は畳や家具、などいたるところに猫の糞尿が染み込み、「膝まで汚物が堆積し、田んぼに入っていくようだった」(作業員)。
悪臭はゴーグルをしていても刺激開けられないほどで、室内には猫53匹が野放しにされていたほか複数の死骸もあった。
スコップで糞尿をかき出していったが、あまりの悪臭でこまめ休憩取る必要があった。
コンクリートのように固まった糞尿もあり作業は難航
糞尿まみれの家具や電化製品、畳、床板などを撤去し、最終取り除いた汚物は2トントラック1台分に上った。
…作業は午後4時までかかり、作業員は放心状態帰路ついたという
作業に立ち会った市職員は「言葉では言い表せない悲惨現場だった。まさか猫が53匹も放置されていたとは」と絶句する。
保護された猫は市内NPO法人などに引き取られたが、猫は半数近く妊娠した状態だった。
…市や住民によると、女性が入居してきたのは平成18(2006)年9月ごろで、10〜20代の子供3人と暮らしていた。
この市営住宅は鉄道に近く、募集倍率が10超える人気物件
女性が捨てられていた猫匹を飼い始めたのは入居からしばらくことだった。
本来、市営住宅ではペットの飼育は禁じられていたが、「数匹ならば」と近隣住民も最初黙認していたという。
住民らが異変感じたのは21年ごろ。
女性の部屋から腐ったような異臭漂い始めた。
住民らは女性を見かけるたび問いただしたが、女性は「悪く分からない」と返さない様子だった。
22年には猫が大量に繁殖し、飼育できなくなった女性が場所移動したとみられる
…この時期から女性の部屋の真下住む男性(72)は糞尿の“雨漏り”や大量のハエに頭を悩ますようになった。
悪臭とハエでを開けたり換気扇回したりできなくなり夏場には体調崩すこともあったという。
女性は毎日、猫に与えに部屋にていたが、住民と合わせるのを避けるためか、午前4時ごろにマスク帽子姿で部屋を訪れては足早立ち去るようになった。…(産経新聞 http://www.sankei.com/west/news/171123/wst1711230002-n1.html)

そんな人物は動物愛護者ではない。
そんな所に住む猫も幸せなはずがない。
環境悪化など周辺住民に大迷惑を掛けて・・思慮が浅く責任感希薄。
民事の損害賠償起こした方が良いんじゃないかと思うよ。
| 愛アース | 社会 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274