スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
教育・・考える力伸ばさないと!
全国の小6と中3計約203万人が参加した今年4月実施全国学力学習状況調査全国学力テスト)の結果8月下旬公表されたが、対象なっ国語算数数学では知識問う「A問題」に比べ、知識の活用問う「B問題」への苦手意識改めて浮き彫りなった。
算数数学平均正答は5以下低く、小6算数Bでは13%という“難解”な問題も。
問題は全国学力テストが始まっ当初から課題指摘されており授業改善求められいる
平成29年度全国学力テストの結果によると、平均正答は小6国語Aが74・9%でB問題は57・6%。
小6算数Aは78・8%で算数Bは46・2%。
中3では国語Aが77・8%、B問題は72・7%。
数学Aは65・2%でB問題は48・7%だった。
問題とB問題正答開き大きいのは算数数学で、特に小6算数Aと同Bの開きは32・6ポイントと各科目最大だ。
中学より小学校知識活用課題あることうかがえる
小6算数Bで児童たち最も苦戦したのが記述だ。
とりわけ日常生活事象数学解釈判断根拠を説明させる問題正答伸び悩んだ。
の見かけの直径最小最大で14%のあることを題材に、硬貨置き換え、「最少満月直径」を1直径20ミリ)の直径としたとき、「最大満月直径」は100(同22・6ミリ)と500玉(同26・5ミリ)のどちら直径近いかを説明させたが、正答率は13・5%。
正答は100円
理由こうだ。
最大満月直径は20×1・14=22・8ミリです。100直径とのは22・8−22・6=0・2で、0・2ミリです。500玉の直径とのは26・5−22・8=3・7で、3・7ミリです。100直径とのほう小さいので、100ほう近いです」こうした説明書けないケース多く身近置き換え割合考えること苦手意識がうかがえる。
昨年も小6算数Bでは、記述問題でつまずく児童目立ち二等辺三角形正三角形関係について説明させる問題の正答率はわずか7・0%だった。…(産経新聞 http://www.sankei.com/premium/news/170903/prm1709030019-n1.html)

まだ、そんな状況なのか!
そういう問題こそ解けなければ・・論理的解析力、問題解決力に繋がらない。
暗記バカ量産してどうするの!??

抜本的な改善が必要だ。
子どもが物事に対して「なぜ」と疑問を持ち、自主的に問題を解決できたときに喜びを感じるような教育環境が理想。
| 愛アース | 教育 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274