スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
妊婦が風疹で子どもに障害「先天性風疹症候群」、防ぐには
妊婦が感染すると、生まれくる子ども障害出る恐れある風疹
さん(35)は、長女妊娠して2か月で感染した。
現在の長女は発達遅れ気味だ。
こうした先天風疹症候群なくそうと専門は、東京五輪開かれる2020年度までの「風疹ゼロ達成目指し対策乗り出しいる
西村さんは、自身に風疹ウイルスへの抗体ないこと知っていたが、予防接種受けていなかった。
12〜13年の国内流行時に感染し、先天性風疹症候群のさを知った。
妊娠20ぐらいまでの感染により、胎児も感染して障害がやすい
長女は予定より1か月早く生まれ、心臓が2か所開き右目濁るなどの症状あった。
徐々に改善したが、発達はやや遅れており今後聴力落ちる可能性があるという
リクルートマーケティングパートナーズ(東京)が15年、0〜2歳の持つ女性2181人に行っ調査では、抗体検査でウイルスに対抗する表す抗体低いと妊娠時に分かっていた割合は22・6%。
その半数近くが、その後も予防接種を受けていなかった。
西村さんは「ワクチンさえ打っいれば、子どもに生きにくさを背負わせずに済んだ。知らない怖さ、予防の大切さを多くの人に分かってほしい」と話す
…感染年間報告は流行がなければ数程度
昨年は93人だったが、全国に流行した13年は約1万4000人に上った。
このうち約9成人だ。
それ伴い、12〜14年の先天性風疹症候群も報告があっただけで45人に上った。
風疹ワクチンは定期接種だが、5%程度は1回で抗体価が上がらず、原則2回接種が勧められる
1990年度以降に生まれた人はその機会があるが、以前体制が未整備で30〜50歳代の男性は注意必要だ。
流行の2013年6月疾病対策センターCDC)は「風疹の予防ができていない妊婦は、日本に渡航するのを避けるべきだ」とする警報出した。
風疹が流行すれば、また海外で警報が出される可能性がある。
国は20年度までに海外からの輸入感染を除いて風疹ゼロを達成し、早期に先天性風疹症候群の発生なくすことを目標としている。
国は1月、風疹と診断した医師からの届け出基準を「7日以内」から「直ちに」と変更
従来指針集団発生の場合疫学調査をし、「可能な限り」ウイルスの遺伝子検査を行うとしていたが、今後は1発生した時点で調査し、遺伝子検査も原則全例で行う。
国立感染研究所感染症疫学センター…「流行国を渡航中に感染し、帰国発病して感染が拡大するケース多い。海外に無防備状態行かないよう予防を呼びかけたい」とする。
外務省厚生労働省ホームページでの予防啓発を始めた。…(読売新聞 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180316-OYTET50013/)

母親だけでなく父親が持ち込んでしまうリスクがあることを認識して感染予防に努めなければ。
一生のQOLにも関わる事。
どの子ども達も健康ですくすく育っていって欲しいものだ。

| 愛アース | 医学・医療・健康 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274