スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
風邪には効かないのに抗生剤、約6割の診療所が処方
抗生物質などの抗菌ウイルス風邪には効かないにもかかわらず、約6診療患者から強く求められる処方していることが、わかった。
日本化学療法学会と日本感染学会の合同調査委員が1日、岡山市で開かれている学術集会発表した。
抗菌薬を誤っ多用すると薬が効かなくなる耐性増えることから、適正処方を求めている。
今年2月無作為選ん全国1490カ所の診療所に郵送アンケートをして、269カ所から有効回答た。
ウイルス性の普通の風邪「感冒」と診断した患者やその家族が抗菌薬を希望した場合、「希望通り処方する」が12・7%、「説明しても納得しなければ処方する」が50・4%で、計約6割を占めた。
また過去年間で感冒と診断した患者にどれくらいの割合で抗菌薬を出したかを尋ねところ、「4割」と答えた診療所が20・2%、「2割以下」と答えた診療所は62%だった。
処方した理由は、「重症予防」(29・8%)や「二感染の予防」(25・8%)などで、医学根拠乏しい思われる理由だった。
厚生労働省は普通の風邪に抗菌薬を使うことを推奨していない。
適正使用向け医師向けの手引配ったり、患者に説明して抗菌薬の使用を控えた場合に報酬上乗せされる仕組み導入したりしている。…(Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180602-00000027-asahi-soci)

医療負担の増加と耐性菌出現のリスク増大に繋がり良からぬことだ。
いくら患者が要望したとしても必要も無いのに処方すべきではないでしょ。

| 愛アース | 医学・医療・健康 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274