スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
小型の恒星を公転する「怪物級」の巨大惑星発見
…地球のはるか遠方ある小型暗い恒星公転している怪物」の巨大惑星発見したとの研究結果が1031発表された。
理論存在するはずない惑星の発見は、天文学らに大きな驚き与えた。
見つかっ惑星は、半径質量が太陽の半分ほどの恒星周り公転している。
これほど小型恒星周囲では、木星よう巨大惑星形成れることないというのが長年定説だったが、今回ガス巨大惑星存在はこの揺るがすものだ。
惑星形成をめぐっては、銀河発生する規模爆発名残ガスちり)が集まっ新しいでき、その周り残り物質円盤回転凝集してなると考えられいる
今回巨大惑星存在明らかにしたのは、南米チリアタカマ砂漠AtacamaDesert)を拠点とする太陽系惑星探査プロジェクト次世代トランジットサーベイNGTS)」だ。
NGTSプロジェクトは、主を「NGTS-1」、巨大惑星を「NGTS-1b」と命名した。
NGTS-1bのbは、この恒星最初発見された惑星であること意味する
これら天体は、地球から「はと」の方向に約600光年の距離にある。…(AFP http://www.afpbb.com/articles/-/3148869)

理論上存在するはずのない?
自然界や宇宙は、まだまだ、未知に満ちている。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274