スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
「多用途防衛型空母」の導入を提言、自民調査会
自民党安全保障調査会長中谷・元防衛)は20日の会合で、政府年末策定する次期「防衛計画大綱」に向け提言骨子まとめた。
島嶼とうしょ)防衛への投入想定した「多用途防衛空母」の導入や、空母での運用念頭に、短距離滑走離陸して垂直着陸できるF35B最新鋭ステルス戦闘取得盛り込んだ。
中谷記者会見で、空母のイメージについて「(機雷掃海母艦病院災害時の拠点など、他用途な『移動できる滑走』だ」と説明
新造ほか、「いずも」型など既存ヘリコプター搭載護衛改修を念頭に置いいる考え明らかにした。
中谷氏は「専守防衛範囲だ」とも述べ、政府が憲法制約保持できないとしてきた「攻撃型空母」には該当しないとの認識示した。
骨子案は宇宙サイバー空間など、新たな領域をカバーする「多次元横断クロスドメイン)防衛構想」を基本コンセプト掲げ、長射程ミサイル整備やミサイル防衛の強化なども提言。…(産経新聞 http://www.sankei.com/politics/news/180320/plt1803200018-n1.html)

むしろ、「攻撃型」配備するべきだ!
このままでは日本を守り切れない。
| 愛アース | 政治・行政 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274