スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
楽天・則本、いつの日にかメジャー行きたいと言うのだろうか?
6月1日の巨人との交流戦(Koboパーク)で7試合連続2桁奪三振のプロ野球新記録を狙う楽天・則本昂大投手(26)に対する米大リーグの評価が急上昇していることが29日、分かった。25日に野茂英雄(当時近鉄)以来となる6試合連続2桁奪三振をマーク。大リーグ関係者は、則本に野茂の再来を期待し、救援投手としての適性も見いだしているという。日本で奪三振ショーを繰り広げる則本の活躍は、米国にも届いている。次の登板となる1日の巨人戦を控え、大リーグ関係者が明かした。
「年に1度だけチェックすればいい存在から、より獲得を具体的に考えて視察を増やす球団が出てくるでしょう」
この春から、則本への評価は高まっていた。ある大リーグ球団のスカウトは「WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の日本ラウンドで最高の評価を得たのはノリモト。98マイル(約158キロ)を表示したとき、ネット裏のスカウト陣は驚いていたね」と振り返る。力強い直球とスライダーやフォークボールなどの鋭い変化と精度を高評価。菅野(巨人)や千賀(ソフトバンク)以上に、強い印象を残した。別のスカウトは「今すぐメジャーでクローザーを務められる力がある。マウンドでの振る舞い、性格的にもリリーフ向きとみる球団はあるだろう」とリリーフの適性も見いだしていることを明かした。近年、救援投手の価値と需要は高まるばかり。また「三振を奪える能力を示している。スカウト同士の会話でもサイズ(1メートル78)は関係ない、と言っている」と、上背がないことがマイナスにはならないとした。
則本は今季から楽天と3年契約を結び、ポスティングシステムを使ってのメジャー移籍は早くても2019年オフ。公言はしていないが、契約交渉の席では、メジャー挑戦に関しても話し合われたもようだ。…(サンスポ http://www.sanspo.com/baseball/news/20170530/gol17053005030002-n1.html)

楽天イーグルスとしては言うまでもなく欠かせない戦力、それもトップクラスの。
楽天ファンの一人として・・チームが勝って欲しい気持ちは強いけれど、何より選手個々人の気持ちを尊重したい。
たった一回の人生だもの。
彼がもしより高いステージ・メジャーを目指すというのなら反対しない、喜んで送り出すという気持ち。
ただ、日本に残っている内は楽天のチームの一員としてベストを尽くしてほしい。
(まぁ、この先どうなるかわからないけどね)

ただ、投手としての課題もあると思う。
三振を取れる球威があるし四死球も少ないけど、突如打たれだす脆さのようなものがある・突然連打を浴びたり。
それを克服せねば。
| 愛アース | スポーツ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274