スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
自衛隊がサイバー攻撃能力の必要性
自民党は20日、安全保障調査会(会長・今津寛衆院議員)などの合同会議を党本部で開き、次期中期防衛力整備計画(2019〜23年度)に向けた中間報告を取りまとめた。サイバー攻撃への対処力を強化するため、敵のサイバー拠点を反撃する能力の保有を自衛隊に認めるよう提言。新迎撃ミサイルの導入なども求めた。
中間報告は「サイバー空間上の脅威は深刻さを増し、わが国に対するサイバー攻撃は高度化・巧妙化の一途をたどっている」と指摘。サイバー空間の監視・防護体制を強化するとともに、「自衛隊がサイバー攻撃能力を備える必要がある」と明記した。
原子力発電所など重要インフラを目標としたサイバー攻撃に対する反撃を可能にするもので、自衛権の行使による対応を視野に入れている。…(時事通信 http://www.jiji.com/jc/article?k=2017062001026&g=pol)

技術や兵器の進歩など時代と共にリスクの形態や性質も変化する。
時代に合った対応能力を備えるべきであって、現代においてはサイバー軍的なもの・・必然なのでは?
| 愛アース | 政治・行政 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274