スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
岸から沖へ向かう強い流れ「離岸流」に海では注意
2016年に全国発生した水難事故発生件数は1505水難は1742人に上る
そのうちおよそ半数の816人が亡くなるか、行方不明なっいる警察庁生活安全地域調べ)。
海水浴ではライフセーバー常駐しているが、油断禁物
高波巻きなど、つけるべきポイント多い
なかでも注意したいのは、毎年ように死亡事故引き起こすだ。
日本赤十字社救護福祉健康安全一瀬悦史さんはこう語る
から向かう強く速い流れこれ流される競泳選手でも逆らっ泳ぐのは困難です。流された時には平行に泳いで脱出するのが鉄則です」ライフセーバー起きやすいポイント知っいる
事前確認をして、決して子供近づかせないように気をつけよう。
公共プールには監視いるが、夏休み学校プール開放する場合安全確保行うこと多い
PTA監視する時は“複数見る”“死角作らない配置”を心がけましょう。少なくとも3人体制臨み監視エリア境界部分重ねください屋外プールではプールサイドから離れると死角できたり、光の反射見えなくなりがちなので、近く立っ配るのが原則です」(一瀬さん強い流れある排水吸い寄せられて、溺れる事故起きいる
また、アミューズメント施設あるプールでは、すり鉢深くなるところあるので、事前確認し、危険場所子供教えておくことも忘れずに。…(Infoseek ニュース https://news.infoseek.co.jp/article/postseven_595373/)

楽しい遊びやレジャーが暗転しないよう・・十分にご注意を。

海では30分だったか1時間に1回位の頻度で起こる高い波にもご注意を。
| 愛アース | 社会 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274