スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
仮想通貨フィッシング、安価で販売も
メールなどからウェブページ誘い込ん個人情報盗むフィッシング」の手口使い仮想通貨盗み取ろうとするサイバー攻撃国内本格していること判明した。
実在する仮想通貨交換業者からの警告かたるメール以外にも、アンケートへの協力要請や情報提供サイト装っものなど、さまざまな手口が登場
また、サイトではフィッシングサイト(偽サイト)に張り付けるページといった“犯罪道具”が安価販売され、犯行増加拡大拍車かけている。
匿名ソフト使うことでアクセスできる闇サイトには、コンピューターウイルスなど、サイバー攻撃に使うツールうたい文句とともに多数並ぶ
サイトでの説明基本英語だが、“商品自体は英語以外の複数言語話者を攻撃対象としたものも多い
利用だまして個人情報を入力せるための偽ページも「相手の情報やパスワード取得するためのフィッシングページです」として堂々と販売され、価格は1ページ当たりたったの7ドル(1日現在約775円)。
さらに、偽メールの文面や偽ページの作り方ほか、偽メールを不特定多数の人にばらまく作業代行するサービスまであり簡単素人でも犯行に染められるぞろいだ。
トレンドマイクロ担当者は「闇サイトとそこ集まる攻撃者が、仮想通貨に狙い定めていることを示している」と指摘する。
注目が集まるにつれ、フィッシングのパターン多様なってきている。
アンケートをかたるタイプの一では「ビットコイントータルサービスについて意見集めるためのアンケートの参加者に選ばれました」と記載された英文メールが送りつけられる。
パソコンキーボード上に人が手を置いているイメージ画像付きで、いかにも実在していそうデザインだ。
そのでは回答謝礼として「0・005〜0・02ビットコイン(同約3500〜約1万4千円相当)」を提示
参加希望者にリンククリックするよう促し、偽サイトに誘導した上で、報酬振込なる利用者の仮想通貨口座ウォレット」の認証番号を入力するよう求める
凝ったものでは、仮想通貨の情報提供をかたる手口も。
古くなったウォレットの仮想通貨をのウォレットに移す方法を「画像付きで説明します」として偽サイトに誘導。
そこで操作必要な情報として、IDとパスワードを入力させる…(産経新聞 https://www.sankei.com/affairs/news/180702/afr1807020005-n1.html)

えっ、そんなものが売られているとは・・。
ご注意を!

| 愛アース | 社会 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274