スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
シャープ、次世代「マイクロLEDディスプレー」で米企業と業務提携
シャープは、次世代ディスプレー「マイクロLEDディスプレー」の開発・製造で、米eLux(イーラックス)と業務提携契約を結んだ。平成30(2018)年度から液晶テレビ用のバックライトに採用し、将来的には60インチ以上の大型ディスプレーへの実用化を目指す。
イーラックスは、シャープ親会社の台湾・鴻海精密工業のグループ企業が出資し、マイクロLEDディスプレーの開発・製造を手がける。
シャープは、10月に自社が持つ同ディスプレーに関連する特許21件をイーラックスに供与し、代わりに同社株を70万株(700万ドル)取得。シャープは議決権ベースでイーラックスの31・82%を握る。
シャープは現在、屋外用広告・看板などに使われるLEDディスプレーを手がけている。マイクロLEDディスプレーは低コストで製造できる上、より高解像度なのが特徴で、今後は液晶ディスプレーを補完する技術として開発や事業化を加速する。…(産経新聞 http://www.sankei.com/west/news/170523/wst1705230069-n1.html)

このところのシャープは勢いを取り戻しつつあるように感じる。
もはや、日本企業と言えるのかわからないけどいい意味で世間を驚かせてほしい。
| 愛アース | 経済 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274