スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
京大、臨床用ES細胞作製成功
再生療用ES細胞細胞)の作製成功したと、京都大ウイルス・再生医科学研究所が22日、発表した。
7月以降研究機関提供始める
ヒト受精卵由来するES細胞には倫理課題あるが、iPS細胞(人工多能性幹細胞)と並び再生医療新た選択肢ともなり得る
グループ昨年6月臨床のES細胞作製が政府認められた。
今回の作製を文部科学厚生労働相に届け出て、受理見通したったいう
足立病院京都中京)での不妊治療過程生じる受精した胚のうちカップル破棄意思示していたから、あらためて同意た分の提供を受けた。
ES細胞は安全性に配慮し、iPS細胞と同様培養条件で作製した。
今後備蓄して「ストック」を構築していく。…(京都新聞 http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20180522000081)

倫理的に心配な点が無いわけではないが、研究には期待したい。
無制限であってはマズいと思うけど線引きが難しい。
治験の全段階では広く検討が必要かも知れないが現時点では研究の範囲なら制限はすべきではない気がする。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274