スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
少ない水で育つ作物、遺伝子組み換えで開発
収穫減少最小限抑えつつ、植物生育必要を4分の1少なくする遺伝子組み換え技術開発したとする研究論文が6日、科学ネイチャー・コミュニケーションズ(NatureCommunications)に発表された。
イリノイ大学UniversityofIllinois)などの研究チームは、モデル作物として実験よく使われる植物のタバコ単一遺伝子を改変して、通常必要とする水の量の75%しか使わずに正常近い大きさにまで成長せること成功した。
主要農作物でも同様反応られれば、このものとしてはの「遺伝子ハック」が、深刻する水不足直面している世界増え続ける人口食糧供給する助けなる可能あると、研究チームは主張している。
国連UN)の「世界水発展報告WWDR)」によると、地球温暖化が現在ペース進行すれば、2030年までに世界の水資源が40%不足する事態になるという
農業地下揚水全体量の75%を消費するが、貧困ではこれが90%に達する
研究チームは、植物の光合成不可欠な「PsbSタンパク質」をコードする遺伝子を改変した。
PsbSは日光の量に関する情報中継重要役割担うタンパク質。
日光量の情報は「気孔」と呼ばれる、にみられる微細な小開閉促す
今回の遺伝子組み換えを行ったタバコはPsbS濃度上昇し、その結果として気孔が通常より早く閉じるようなっためより多くの水を保持することができた。…(AFP http://www.afpbb.com/articles/-/3166618)

比較的雨量の少ない地域などでは優位なのかも。
でも、遺伝子組み換え作物は今でも抵抗は大きいな。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
中国の宇宙実験室、制御不能で地球へ落下か?
地球周り回る中国の無人宇宙実験天宮」が制御不能なり数カ月以内に地球に落下するとみられることが13日、分かった。
来年1〜2月可能高いとの分析ある
英紙ガーディアンなど海外メディア報じた。
部分大気圏への突入時に燃え尽きるとみられるが、さ100キロ程度部品地面に落下、有害物質付着している恐れ指摘する報道もある。
地球は、や、人が居住しない地域広く、人を直撃する危険性は低いが、落下場所予測直前まで困難とみられる。
日本の宇宙航空研究開発機構JAXA)は「落下の可能性が指摘されていることは承知しており情報収集努めている」としている。
天宮1号は中国有人宇宙ステーション建設目指し宇宙船ドッキング実験をするために2011年9月打ち上げられた。
全長10.4メートル、重さ約8.5トン
13日のガーディアン電子などによると、天宮1号は16年3月運用終え、同年9月に制御できなくなった。
中国は17年10月〜18年4月に落下する恐れがあると国連通知
最終に大気圏に突入する際に報告するとしている。(産経新聞 http://www.sankei.com/world/news/171013/wor1710130069-n1.html)

制御不能ってのが嫌だよなぁ。
確率は低いだろうけど、人口密集地なんてやめてくれよ!
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
批判するなら対案出すべきだ
地球温暖化による悪影響が世界各地で深刻化するなかで、石油や石炭など化石燃料への投資を引き上げる国際的な動きが金融機関の間でも広まっている。
こうした世界の流れに逆行するのが、日本のメガバンクだ。なかでも、みずほFG(以下、みずほ)はその投融資の額の大きさから環境団体から問題視されている。今年6月に行われたみずほの株主総会では、会場近くで環境NGO4団体が「無責任銀行ジャパン大賞2017」をみずほに授与するとの抗議パフォーマンスを行った。…4団体のひとつ「350.org Japan」代表の古野真氏は、みずほを大賞に選んだ理由をこう語る。
「みずほは2011〜2016年の間に、日本の化石燃料関連企業への380億ドル(約4兆円)以上の融資と引き受けを行いました。これは、三菱UFJや三井住友などのそれをはるかに上回るものです。みずほは地球温暖化防止の国際的な流れに従い、化石燃料への資金を削減すべきです」(古野氏)
みずほが関係している案件で、環境NGOなどから問題視されている具体的な事例の一つが、インドネシア・西ジャワ州でのチレボン石炭火力発電事業だ。
現地調査したFoE Japanの波多江秀枝氏がその問題を解説する。
「丸紅やJERA(東京電力と中部電力の合弁会社)などが出資したこの事業では、事業総額8億5000万ドルのうち、日本の政府系金融機関・国際協力銀行(JBIC)や韓国輸銀、みずほなど6行により5億9500万ドルのプロジェクト・ローンを供与、チレボン石炭火力発電所1号機はすでに2012年に商業運転を開始しています。…(Infoseek ニュース https://news.infoseek.co.jp/article/spa_20170705_01357522/)

化石燃料は長期スパンで見れば持続性にリスクがあるし環境への負荷をかけていることも認識している。
石炭火力発電にはそのような問題が付きまとうことになる。
しかし、自然エネルギーに過度に依存することは現時点では現実的でない。
さりとて超絶危険・かつ・放射性廃棄物問題の解決進度ゼロの原子力というわけにも行くまい。

個人的には、技術革新を重ねながら将来的に自然エネルギーで100%賄うことのできるエネルギー供給体制の確立が最終目標。
それまでの間は化石エネルギーに頼ることは致し方ないと思っている。
無論ゼロではないが近年の石炭火力は環境への負荷が格段に小さく抑えられている。
それから、世界的に見れば人口増加が地球環境を考える上ではリスクになっていると思う。
エネルギーに限ったことではないが水や食料、他の資源など人口が多くなるほど需給逼迫で困窮に繋がるし地球環境への負荷も大きくなる。
日本は人口減社会に突入しているが、世界的には人口の増加を抑制する動きも必要だと思う。
国連の関係機関などで検証や研究を進めて欲しいところ。

その批判的な方々は、じゃどうすれば良いとお考えなのだろうか?
何事もよりベターを目指して批判する精神は良いことだと思う。
しかし、No!だけでなく、Noというのなら自分たちなりの対案を示すべきだ。
そうじゃないと片手落ちだと思うな。
| 愛アース | 社会 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
他の惑星への移住・・ハードル高い
イギリスの理論物理学者、スティーブン・ホーキング博士(75)が「人類が生き延びるためには、今後100年以内に別の惑星に移住を始める必要がある」と警告した。
以前にも、博士は「今後1000年か1万年以内に地球は滅びるが、他の惑星への移住を考えれば人類は生き残れる」と主張してきたが、今回はそれを100年に短縮。
「気候の変化、小惑星の衝突で起きる地震や津波、伝染病、人口増加で地球の環境はさらに悪化する」とした。
詳細はこの夏放映される英BBCテレビの番組で明かされるが、博士は火星などに移住するためのロケット技術や生物学の新たな研究も発表する予定だという。(zakzak http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170507/frn1705071000001-n1.htm)

高名な博士に逆らうわけじゃないけど。
他惑星への移住より地球を改善する方が実現性高いと思うんだけどなぁ。
『小惑星の衝突』の場合は移住せざるを得ないかも。
そうなるとありとあらゆる科学的知見や新技術が必要となるだろう。
だから、あらゆる科学分野の研究は進めなければならないのは当然だが。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ソロモン諸島でM7.8の地震
太平洋ソロモン諸島沖で9午前38日本時間午前38ごろ強い地震あった。
地質調査USGS)によると、マグニチュード(M)は7.8。
太平洋津波警報センターは発生直後津波警報出したが、解除した。
ソロモン諸島人口約60
国際協力機構JICA)やNGOなどの関係中心邦人約100暮らしいる
首都ホニアラあるソロモン日本大使館によると、「大半邦人安全確認され、被害に遭ったとの情報入っていない」という
震源さは41キロ
USGS当初はM8などと推計したが、その後修正した。
太平洋津波警報センター一時ソロモン諸島沿岸さ3メートル津波襲来する恐れある警告していた。
最大で約40センチ津波観測された。
現地報道によると、一部家屋被害たものの、今のところ甚大人的被害確認されていない。(時事通信 http://www.jiji.com/jc/article?k=2016120900053&g=int)

インドネシアで地震があったばかりですが・・地球が生きているということではあるのですが。
万一、津波に襲われると大変なことになりますね。
軽微なもので良かったですが・・。
| 愛アース | 国際 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
緊急要する患者のもとにドローンで治療薬など届ける実証実験スタートへ
緊急の救命措置必要する患者もとに、小型無人ドローン」で治療などを届ける実証実験今秋九州大伊都キャンパス福岡西)や佐賀県内始まる
救急より自動体外AED)を届け救命確率高めるのが狙いだ。
総務IoTモノのインターネット)サービス創出支援事業一環
実験では、全身急性アレルギーアナフィラキシーショック」や心臓発作などを起こし患者もとに、自動飛行のドローンいち早くAEDなどを運ぶ
119発信したスマートフォンなどのGPS(全地球測位システム情報を基に、通報場所特定する
ローン取り付けカメラで、現場状況患者容体把握する実験行う
東京一般社団法人救急医療災害対応無人自動支援システム活用推進協議」が6月、総務から委託を受けた。
委託は約4000万円。
実験来年3月までで、結果報告するシンポジウム計画している
ただ、ドローン巡っては昨年12月人口密集空港周辺などでの飛行原則禁止した改正航空施行されたほか電波での規制あり実用には整備などの課題もある。(読売新聞 ヨミドクター https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160818-OYTET50016/)

山間部だったり災害で交通寸断時などに活躍するかもね。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
地球資源の割り当て分を今年は7か月あまりで使い果たしたとNPO報告
地球が1年間再生できる食料清浄空気などの自然資源今年割り当てが、今年これまでで最も早いわずか7か月あまり既に使い果たされること明らかなった。
新た報告このほど発表された。
国際環境NPO(非営利団体)のグローバル・フットプリント・ネットワーク(GFN)によると、今年の「超過」は昨年より5早い88なるとされ、8以降われわれは「つけ」で生きいくことなるいう
この節目毎年アースオーバーシュートデーEarthOvershootDay)」として記録されている
1993年は1021、2003は922昨年20015は813だった。
GFNよると、1961には人類地球自然資源年間割り当ての約4分の3しか使用していなかった。
1970年代には、経済成長と人口増加により地球超過迎える至った。
GFN声明で「このようことあり得るのは、われわれ人間大気排出する二酸化炭素海洋森林吸収できるよりも多く、われわれ海洋恵み枯渇させ森林伐採するペースが、その再生産と再成長よりも速いからだ」と述べいる
「アース・オーバーシュートデー」は、漁業林業運輸エネルギー生産など多く経済部門の国連データを分析して算出される。(AFP http://www.afpbb.com/articles/-/3096471)

示されたその数値の妥当性がどうなのかオレは知らないが、必要とされる資源が増大しやがて供給が追い付かなくなる事態にやがてなるであろうことは想像に難くない。
俺は最大の要因は地球上の人口=世界人口の増大だと思っている。
日本などは人口減時代に既に突入しているが2100年までに世界人口が110億人に達すると予測するものもある。
人口が増加する程、水、食料、材料、エネルギーなど必要とされる資源量と世界の環境負荷も増大する。
世界としては人口抑制に動く必要がある。

世界人口の増加は抑制すべき
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ふけの原因・・2種類の細菌のバランスの不均衡
頭のふけ原因は真だと思っいるが多いが、実際頭皮に常する2競合する細菌バランス崩れること発生するとの研究結果が12科学ネイチャーNatureオンライン科学「サイエンティフィック・リポーツ(ScientificReports)」に発表された。
プロピオンブドウ球菌健康ようものだ。
この2細菌互いに抑制し合っいる場合にはふけの発生も食い止められるが、中国日本研究者らのチーム発表した論文よれば、一方細菌他方より優勢なると、まるで雪片よう積もるあの白い薄片増え始めるのだという
地球で最も一般頭皮病気であるふけ症は、世界人口の約半数にとってにまつわる悩みの種となっている
ふけ原因治療をめぐっては、専門らの長年意見全く分かれていたが、最近になっ特に一つ元凶中心として、見解一致がみられるようなっていた。
研究チームは発表した論文で「これまで頭皮上の微生物特に菌類をふけ発生要因する見方優勢だった」と指摘した。
この見方誤りではないかと考え中国上海交通大学(ShanghaiJiaoTongUniversity)のチャン・メンフイZhangMenghui主導する研究チームは、人間頭皮生態存在する多数変数がどのよう相互作用しているかを調べるためこれら変数個別特定し、18から60歳までの中国人ボランティア被験者59対象として、水分細菌青年成人早期増加する油性分泌の皮脂、ふけ元凶とされていた真マラセチアなどのレベル測定した。
被験者には検査の48時間洗髪させ、頭皮の8か所からふけサンプル採取した。
検査結果研究チームは「全体に、ふけ重症においては菌類重要役割示していなかった」と結論付けた。
細菌ふけの関連はるか強かった」また研究チームは、通常互いに抑制合っいる2主要な細菌の存在比率変化した場合にふけ発生高くなること発見し、「頭皮細菌バランス調整することふけ減らす解決なるかもしれないことを、今回研究示唆している」と結論付けている。(AFP http://www.afpbb.com/articles/-/3086960)
細菌のバランス?
そのバランスを均衡することができればふけを防止できるってこと?
フケを防止するとかと謳ってる既存のシャンプーあるけど、あれはどんなメカニズムでフケを抑止しようとしているんだろうね?
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
人口密度急増!でも楽しい?ISSに5カ国9人滞在
油井亀美也さん滞在する国際宇宙ステーションISS)に4ロシア宇宙船ソユーズドッキングし、ロシアデンマークカザフスタン宇宙飛行合流した。
ISSいるロの6人と合わせ異例の5カ国そろえた。
油井さんは2ソユーズ打ち上げISSからツイッターに「1週間ISSで9生活することになる。
にぎやかなりそうで、から楽しみ」と記していた。
航空宇宙NASA)の中継映像によると、地上交信するため集まった9は、ISS一室半ばすし詰め状態
油井さんは赤いポロシャツ姿で、笑顔で手を振っていた。
うち油井さんらの見送りを受け、12ソユーズ地球帰還する。(時事通信)
滞在する皆さんにきっと濃密で有意義、貴重な時間が流れていることでしょうね。
みなさんのミッションの成功をお祈りしています。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
安倍首相、エボラ対策は喫緊最大の課題
1月で2倍のペースでエボラでの死者数が激増中。
これが続けば人類滅亡は絵空事ではないのです。

「曽呂利新左衛門が秀吉に毎日前日の二倍の米を貰う約束」をした話しを思い出してください。
2年(24か月)後・・・671億人となり、最悪の場合2年を待たず地球人口を超えてしまいます。

自分個人は政権のすべき政策の最重要課題は日頃から財政再建だと認識していますけど・・

今はそれどころではない。

喫緊の最重要課題はエボラ!

本気で、エボラ対策に今すぐ着手してください!
| 愛アース | 政治・行政 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界人口の増加は抑制すべき、2100年までに110億人の予測も
世界人口増加はこれまでの予測上回っており、今世紀末までに110億達する可能性があるとする国連UN主導の分析結果が、18日の科学サイエンス(Science)に発表された。
これは2100年までの人口増加が予想を20億上回ることを意味し、その原因アフリカの高出生だと論文指摘している
論文の共同執筆の一ワシントン大学UniversityofWashington)のエイドリアン・ラフテリー(AdrianRaftery)教授統計学・社会学)は「現在約70億世界人口は、最大90億まで増加し、その後は横ばいになる減少転じる可能高いというのが、過去20年ほどの共通認識だった。
・・・人口増加大半が起こると予測されているアフリカでは、現在の人口10億から今世紀には40億人に増加すると見込まれている
論文は「今世紀アフリカ人口は80%の確率で、35億〜51億人のなる」と述べている。(AFP http://www.afpbb.com/articles/-/3026404)
予測なのでどこまで信憑性あるのかさだかではないがある程度確度がありそう。
アフリカの人口が10億人から40億人に増加?
現在、エボラ熱が猛威を振るっている西アフリカの様子を見ても識字率はどうなっているのか知らないが余りにも無知すぎる。教育向上してほしいよ。
現状でも食料や水などが十分ではないであろう、また、衛生状態など良いとは言えない。
そんなところで人口が増大したらどんなことになるのか?
水、食料、エネルギー、インフラ…問題は山積だろう。
アフリカ諸国には自活できる能力を備えていただきたいものだ。
世界的に見ても人口の増大は地球環境への負荷を増大させる。
地球人口の増大にはブレーキをかけるべきだと思う。



どっちがいいとかは?

世界人口の増加は抑制すべき

人口増、地球にとってマズいことだ

世界人口デー

世界的には人口抑制に動かなければならない
| 愛アース | 国際 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
宇宙から見た地球の夜景、NASAが公開
テレビ朝日でも見たんだけど・・地球の夜景は美しいし、神秘的でもある。

やはり、人口密集地は明るい。
明るい面積から人口推計できそう。
アメリカは、東西で分けた場合に東側に人口が多い様子が伺える。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
どっちがいいとかは?
移民を受け入れるということはメリットだけではない。
国の労働力が大きくなるなどメリットは多いが、彼等も将来年を取るのだから社会保障などの面でも自国民同様に考慮しなければならない。
世界人口は地球規模からして増加しすぎだと思う。
確かに近年の日本は少子化で人口減が問題視されているが負の面だけでもないと思う。
移民を受け入れるか否か、どっちがいいとかは一概に言えないと思う。
| 愛アース | 政治・行政 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
人口抑制しなければ
世界の人口が70億人突破したらしい。

このままでは水や食料、石油や他の資源が逼迫、不足してくるだろう。

地球環境にもっとも負荷をかけているのが人類=人だ。

国連など国際的に人口急増地域の増加抑制を図るべく行動を起こさなければならない。
| 愛アース | 国際 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界人口の増加は抑制すべき
人口が増加するほど、水や食料事情が悪化し地球環境に負荷を掛ける。
国連など国際的な場で世界人口の過度な増加を抑えるべく働きかけるべきだ。
| 愛アース | 国際 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
人口増、地球にとってマズいことだ
国連日、「世界人口推計2010改定版」を発表
世界人口今年10月末70人に達し、90年後の2100年までには101人になる予測した。
現在出生率が維持されると想定し、出生率高いアフリカ39カ国、インドなどアジアカ国が人口増寄与すると推測している。
1987年に50人を突破した世界人口は99年に60億人に。2010年時点で69億870万人となっている。(毎日新聞)
人口増が地球環境に最も負荷を掛ける。
水、食料、エネルギーしいては二酸化炭素量。
だから、人口増は地球の未来にマイナス、なんとか世界人口を抑制しないと。
| 愛アース | 国際 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界人口デー
今日は世界人口デーとのこと
現在の世界人口67人。
日本などは人口減なのだが全世界的には人口が増え続けている。
特にアジアとアフリカ。
地球環境維持するには世界人口増加を抑制しなければならない。
食料エネルギー確保問題とも関連する。
| 愛アース | 国際 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
もし可能だとしても
仮に、半永久的な実現できるほど技術(医学)が進歩したとても、それをやるべきではない思う
それは、倫理的にという観点からと、それ以外にも様々問題が予想されるからだ。
予想される問題て例えば。
・貧富の寿命・・・おそらく長寿化のための治療費はかなり高額となるだろう。
一部富裕層のみがその恩恵を受けるなり貧富寿命なってしまう。
・世界人口急拡大・・・に廉価に治療可能になるとすれば、現状でさえ増加中の世界人口がさらに増大する事になる
地球環境最も負荷をかける存在人間だ。
即ち、人口増地球環境悪化させる最大要因だ。
人口増えるということは、同様に食糧やエネルギー資源消費増大させ需給関係を逼迫させる。
・高齢化率が高くなり年金、社会保障福祉コストが増大し現役世代で負担することが困難になる。

本来の寿命は老衰で絶命するまで。
その範囲で人間が健康的に生活していけるように支えるのが医学や医療の役割だと思う。
寿命に関連する遺伝子を操作して命を長らえると言うのは、俺的にはNG。
命には限りがあるからこそ限りなく尊い
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
昆虫はちょっと・・食べられない
昨日、朝のTBSラジオで月尾嘉男さんが、将来の食糧不足の際には蛋白質が豊富な昆虫が貴重な食料となりうるのではないか的なお話しをされていた。
が、とても俺個人は食する気にはなれないなぁ。
イナゴでもちょっと食えない(知らずにふりかけで食べちゃったりしてるんだろうけど)。

将来食料や水が不足したり、エネルギー需給がタイトになったりと危惧されるのだが。
そもそも、地球上での人口の増大こそが問題だと思う。
水不足にしろ食糧不足にしろ、供給量より消費する人口が増えれば厳しくなるわけだし、地球に環境負荷を最もかけているのは人間だろう。

日本はむしろ少子化が問題となっているのだが・・。
世界的にみれば人口増加が問題だと思う。
人口増加率が高いのはやはりアフリカ?
国連等の国際機関が人口抑制の働きかけをすべきではないか。
| 愛アース | 国際 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
人口増加こそが地球環境の悪化をもたらす最大の要因だ
国立環境研究所などが参加する国際研究グループは、人間活動がもとなっ排出される二酸化炭素CO2排出量が2008年は前年比で2%多い87トン(炭素換算)となり、当たりでは過去最高1・3トン(同)になったとする報告をまとめた。
18日付の科学誌「ネイチャー・ジオサイエンス」(電子版)に発表した。
研究グループは、世界的な経済の低迷にもかかわらず、石炭利用増えことや、途上国排出量の増加加速している影響指摘
気候変動する政府パネルIPCC)が予想した最悪シナリオ沿っており、世界全体排出削減の努力べきだ、と警告している。(読売新聞)
人口増加こそが地球環境の悪化をもたらす最も大きい要因だと思う。
それだけではない、資源やエネルギー、食料、水の供給量についても。
日本は人口減に転じたところなのだが、世界中には今だ高率で人口が増加している国々がある。
国連など国際的な組織で協議されるべき大きな課題だが、そういった議論や話しは聞いたことが無い。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
また始まった・・・、北京五輪閉会式の世界地図に韓国一部で不満噴出
24日の北京五輪閉会式で上映された世界地図の映像が、日本と朝鮮半島の間の海域を「日本海」と単独表記したことに対し、韓国内の一部で「東海(トンヘ)と併記すべきだった」などの不満が噴き出している。有力紙「中央日報」などが25日伝えた。
不満はインターネットの書き込みで始まった。映像の中で世界中から北京へ光が向かうシーンにも「日本からは光3本が北京へ伸びているのに朝鮮半島からは1つもない」との不満が出ている。(西日本新聞)
折角の世界の祭り、爽やかにフィーナーレを飾りたいところなのに・・。
野球に限らず、全般でもオリンピックの成績が日本より上だって言うことは認めますよ。
事実だから。
むしろ、人口規模で言えば日本の約1/3であれだけの成績をあげたということは素晴らしいし、敬意を表します。
でも、何でこのようなシチュエーションで政治問題みたいなのを持ち出すの?
(というか、日本側としては問題としても認識してないと思うけど)
東海とか何とかって自分等で勝手に言ってたらいいだろ。何で世界に押し付けるの?
自分等から見たら「東の海」かも知れないけど・・・韓国って世界の、地球の中心なのか?
例えば、「韓国海」という呼称を主張するのなら少しは理解できるのだが・・。
「世界中から北京へ光が向かうシーンにも「日本からは光3本が北京へ伸びているのに朝鮮半島からは1つもない」→何も日本を引き合いに出してわざわざ比較することも無いだろ!他の光はどうなんだ。
まったく、この人たちにはウンザリだな。
| 愛アース | 国際 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界的には人口抑制に動かなければならない
現在、世界で最も注目されている大問題であるところの「地球温暖化」。
温室効果ガスの増加が原因といわれることが多い訳だが。
その原因、もとを正して、真因は世界の人口増加にあると思う。

地球上の生物で最大にして唯一、最も地球環境に負荷を掛けている存在が人間だ。
つまり、地球上の人口が増える程、地球環境は悪化する。

(数値はかなりアバウトなので正確性を欠いているかも知れない)
地球の人口(世界人口)は
紀元0年頃・・・2億人
1800年・・・10億人
1900年・・・20億人
1960年・・・30億人
1974年・・・40億人
1987年・・・50億人
1999年・・・60億人
そして、直近では66億人位か?

日本などでは、人口減に転じているが、世界的に見ると、まだまだ人口激増中なのである。

国際的な会議に於いて、地球上の人口増加による弊害について真剣に議論されているのだろうか?

当然、人口が増えるほど、水や食料の需要が高まるし
石油をはじめとする化石燃料の消費量も大きくなる。
さらに、発展途上国が先進国の生活レベルに近づくほど、資源とエネルギーの消費量が増大し、CO2を始めとする温室効果ガスの排出量も増大する。
(日本人などでは皆自動車で移動するのに、お前等は駄目だ・・・などというわけには行かない)

省エネ技術は進んではいるがゼロにできるわけじゃない。
ある電力関連の、「この××年で電力消費量は3倍になってますがCO2の排出量は2倍です」といかにも胸を張って言っているようなCMがある。
確かに効率アップ(単純に考えて150%?)しているのはわかる。でも、絶対量は増えているわけで・・、絶対量を減らさない限り状況は悪化していると言わざるを得ない。

国連をはじめとする国際社会は世界人口の抑制に向けて動き出さなければならない。
-----
| | 国際 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ミャンマー、サイクロン死者2万2000人に、不明4万1000人
ミャンマー国営テレビ日、同国直撃した大型サイクロンよる死者が約22000人に達し行方不明者は約1000人に上ると報じた。
通信網寸断被害状況確認が遅れており、犠牲者さらに増える見通し。
熱帯低気圧による災害では、1991年にバングラデシュで約14人が死亡して以来惨事となった。
AFP通信などによると、被害は南西部エヤワディ管区デルタ地帯に集中し、人口19人のボガレイだけで約人が死亡した。
ミャンマー全土100人が家を失ったとの情報もある
道路の損壊で救援物資配送難航し、断水停電続く最大都市ヤンゴンでは、食糧燃料価格急騰水不足も深刻化している。
一方、軍事政権日、新憲法是非問う国民投票ついて、エヤワディ、ヤンゴン一部だけを24日に延期し、予定通り10日に実施する方針示した。
被害拡大が確実な状況下で投票を強行する姿勢国内外から批判強まっている。(中日新聞)
内政干渉する気などさらさらないが国民投票は先に延ばしてもいいのではないかと個人的には思う。
今、最も優先処理すべきことは自国民の救助・救済ではないのか。
それにしてもこのような大災害が起こると自然の脅威はもの凄いものだと再認識させられる。
新しい発見や、画期的な発明(開発)があると、人々は自然をもコントロールできてしまうような錯覚を覚えてしまうところがあると思う。
近年アメリカはハリケーンの被害が大きい気がするし、東南アジアでは今回のサイクロン、地球温暖化の影響はどうなんだろう?
-----
| | 国際 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
地球温暖化を防ぐ為には
地球温暖化を防ぐ=子孫・未来人々に地球を引き渡す為には。
まず、日本国民、そして、世界中の全ての人々がこの危機に瀕している地球の現状を各自が認識し、危機感を持たなければならない。そこから、行動が産まれる。
◎個々人
小さな事ではあるが、自分でできる身近なことから直ぐ取り組むべきだ。
都市部(小都市では厳しいが、いわゆる都会=交通網が整備されているエリアにおいては)であればマイカーを使うのではなく公共交通機関に切り換える、距離にもよるが、自転車通勤(通学)や徒歩へと可能な範囲でシフトする。
クールビズやウォームビズを心掛けて冷暖房も強くかけ過ぎない。
◎国(日本)
・環境負荷に比例叉は累進する、環境税(炭素税)を創設(導入)するべき。
税収はエコ(CO2リセット)に使うべき。例えば、消費電力の大きい家電ほど環境税を重くする。抑止効果大きいはず。自然にエコな商品の競争力UP、エコな企業の競争力UP。
・発展途上国などへの省エネや公害対策分野等での技術協力。
・経済発展の抑制はやむを得ない。
◎世界
・人口増の抑制。
日本の場合は人口減社会になっているが、世界的には見れば、今だ人口激増状態。
地球環境に1番負荷を掛けているのは、何だかんだ言って結局人間だ。
人口が増えれば増える程、地球にとっては困った事。
国連などを通じて国際的に人口抑制に働き掛けるべきだ。
| | 政治・行政 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
隕石落下でできたクレーターからガスで周辺住民が吐き気、ペルー
ペルー南部プノ州の荒野で、隕石(いんせき)落下でできたと見られるクレーターから出たガスのため、周辺住民約200人が頭痛や吐き気などを起こす騒ぎがあった。AFP通信などが18日報じた。
クレーターの大きさは直径約20メートル、深さ約5メートル。底には泥水のようなものがたまっている。
ペルー国営アンデス通信によると、地質鉱山冶金(やきん)研究所の火山学者が、クレーターを隕石落下によるものと確認。地元メディアも、火の玉のようなものが落下するのを住民が15日に目撃した、と報じた。
AFP通信は、地中の硫黄やヒ素などが、隕石落下に伴う高温で溶け、有毒ガス化したとの見方を伝えている。(朝日新聞)

荒野なら付近の人口密度は極めて低そう。それで、数百人の住民に被害があったのなら相当大量のガスが発生して広範囲に拡散したのだろう。
できた20メートルのクレータは衝撃の大きさを物語っているが、大都市の人口密集地でなくて良かった。でも、そういうリスクは%テージ(確率)は低いだろうが地球上にいる限り常にあるんだということを再認識した。

写真
| | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
安倍総理、実行力示して、温室効果ガス問題
安倍総理は、サミットで「温室効果ガスを2050年までに半減」するという自分の提案が、首脳文書に盛り込まれたと自画自賛している。
温室効果ガスは、地球環境の問題を考える上で非常に重要なファクターで、温室効果ガス排出量を低減するという提案することは非常に良い事だとは思う。
しかし、「2050年まで」とか「半減」というのは、何を根拠に打ち出した数値なのだろう。何らかの科学的裏付けに基づくものなのだろうか。
50%減実現の為の方策は何かあるのだろうか。
現時点で具体的に明示するというのが無理なのは理解できる。
しかし、何の根拠も無しに打ち出した目標だとしたらヘンじゃないか。
もしそうなら、「温室効果ガスを90%減」とか「温室効果ガスを99%減」とか、言うだけなら誰でも、いくらでもできる。
京都議定書の目標さえクリアできていないのに、エイ・ヤーともし、テキトーに作った文言だとすれば、少し無責任ではないか、特に後世の人達に対して。
西暦2050年までという期間設定はいささか、時間的スパンが長すぎるのではないだろうか。そんな長期間マネージメントが本当にできるのか?
自分が総理や議員をやっている(であろう)期間位の話しなら、それでも良い。その間に責任をもって推進してもらえば良い。
でも、40年以上もの長期間だ。自分等が引退したら後は知らん、あとやつら勝手にやれでは、これまでの面倒事先送り政策と一緒ではないか。
(首脳の中で43年後のサミット時、ご存命の方さえ少ないであろう。)


余りに漠然としているのではないか。
「温室効果ガスを2050年までに半減」は、サミット参加国のみの目標?全世界で?
こと細かに、具体案を出せと言うことではない。
でも、方策、方向性、大まかな道筋は示さなければならないと思う。
目標期間は長くても10年だろう(「43年間で50%減」→「10年間で10%減」)。そして、10年毎の見なおし。

例えば、
・化石燃料の50%以上をバイオ燃料に切り替える。
・自動車の燃費を50%向上させる。
・火力発電の新たに建設は停止。今後、新規の発電所は原発優先とする。(これには異論があるだろう。あくまで例です。温室効果ガスを出さない方式と言う意味で。でも、脱原発宣言したドイツ、あれから電力事情どうなってるの?)
・牛や羊などの家畜の発する温室効果ガスの90%は回収する。
・全世界的にみて人口を増やさない。(これが、実は一番重要だと思う。人間が増えるほどより多くの資源やエネルギーを使い、環境負荷が大きくなる。)
・・・とか。

環境税の導入も必要だ。環境負荷が大きくなるほど税率が上がる累進課税にして。
課税のタイミングは車や家電の販売時や電力は毎月。
車販売時に一時税。燃費が悪いほど高税率。
家電販売時に一時税。定格電力消費量が大きいほど高税率。
毎月の電力消費量に応じて。
| | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
歓迎・温家宝首相(中国)
正直言って、中国については個人的には、嫌悪感の方が好感に勝る。しかし、隣国、ましてや人口13億人を抱える超大国、関係が良いに越した事は無い、できれば仲良くしたい。
何でもかんでも過去に拘りすぎず、両国とも未来志向で前向きに取り組んで欲しいものだ。

日本を公式訪問している中国の温家宝首相と安倍総理は11日、首相官邸で会談した。
会談では昨年秋の安倍首相と胡錦濤国家主席との間で合意した「戦略的互恵関係」について環境・エネルギー分野を中心に具体化することで一致。
北朝鮮の核問題や拉致問題での協力も確認した。
とのこと。

「美しい日本」というスローガンを掲げるなど、抽象的なイメージの強い安倍総理だが、是非「戦略的互恵関係」については具体的に推進してほしいところだ。
中国の砂漠化の影響なのかここ数年、黄砂が凄いように感じる。
中国の経済発展に伴い、中国で今後、公害が問題になるかも知れない。
日本はかつて様々な公害問題が起こっていただけに関連するKnow Howを持っている。
中国で公害が問題化すると、日本海の汚染や日本上空が汚染、はたまた汚染物質が降下してくるなんてことにもなりかねない。
(中国が原因でないかも知れないが現時点でも酸性雨などの問題があるわけだから)
叉、地球規模での環境問題ともなりうるので、この分野で日本は積極的に技術協力するべきだ。

何より大きなそして重要な問題は北朝鮮の核だ、全国民1億2500万人の生命が常に危機にさらされる。
マカオの北朝鮮関連口座の凍結を解除するらしいが、これまでの行動パターンからいって、果たして北朝鮮が核の凍結や、廃棄に繋がる動きをするのか懐疑的にならざるを得ない。
ことあるごとに北朝鮮国内での演説では「堂々たる核保有国」ってやってるし。
今後、何があっても北朝鮮が核を放棄するとは考えづらい。
完全に核を持ってしまったら、「何よりも優先順位(Priority)の高い問題」として対応してこなかった日本政府にかなりの責任があると思う。

今後は仕方ないから同盟並に、中国と凄く結びつき・友好関係を強固にしたら良いんじゃないか。
そしたら、北朝鮮が「親分(中国)の友人である日本」においそれと手を出せなくなるだろう。
| | 政治・行政 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
温暖化が全地球に深刻な影響 国連パネル
2日からブリュッセルで開かれていた国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」第2作業部会は6日、人間の活動が原因で地球温暖化が進んでいることを明確にし、水不足により被害を被る人口が今後、数億人増加すると予測した第4次報告書を採択。
平均気温が1.5〜2.5度上昇すると、最大3割の生物種が絶滅の危機にさらされることも指摘。温暖化が世界中の地域の自然や社会に影響を及ぼしていることを明らかにした。
同部会には110カ国の政府関係者や科学者ら約400人が参加。気候変動が自然と社会に与える影響を審議したが、温暖化の影響を受ける人数などの予測数値をめぐり、具体的な影響予測の数値を盛り込んだ報告書案を支持する欧州諸国と、批判的な米国、中国などが対立して激しく紛糾。予測の年代や数値のほとんどが削除され、抽象的な表現にトーンダウンさせられた形となった。
温暖化により将来的にはアジア地域の重要な水の供給源であるヒマラヤの氷河が溶けることによる水不足や洪水が深刻化することが確実だと指摘、水不足の深刻化や、暴風雨や洪水などの損害増大との予測。
感染症の拡大、熱波、大気汚染物質の増加などで健康への悪影響が大きくなると予測。

地球環境の変化によってこれまで人類の祖先以外の猿人は滅亡して来た。
我々人類もこのままでは存亡の危機を迎えることになってしまうのではないか?
ひとり当たりで世界で最もエネルギーを使っている米国、経済発展中ではあるが砂漠化が問題で汚染物質増大の中国、もっと深刻に、真剣に考えてくれないかな、地球そして人類の為に。
| | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
地球温暖化で水没の危機?
来日しているキリバスのアノテ・トン大統領が「キリバスは、地球温暖化による海面上昇によって国土が海に浸食される危機に直面している」と訴えた。
※キリバス:オーストラリアのブリスベンとハワイのほぼ中間に位置する国。正式国名はキリバス共和国。南太平洋の33の環礁からなるキリバスは人口9万9000人。平均海抜高度2m、最も高いところで海抜5m。

標高が低くて、地球温暖化が本当に進むのなら国土が減ってしまうかも。
実際は昔と比べてどうなのだろう、具体的な影響出てきているのだろうか?
| | 国際 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274